命の重さと可能性の重み

inten

第三話

「ふんふふんふ~ん」

少女が鼻歌を歌いながら、何かを煮込んだ鍋をまわしている。

「ふふふふ~ん、ふ~んふふ~ん」

どうやらご機嫌のようで、その表情は明るい。

「今日はラッキーだったわ。Sランクの魔物である、スーピットを狩れるなんて………。久しぶりの豪華な食事、あの子はよろこんでくれるかな?」

どうやら今煮込んでいる何かとは、スーピットの肉のスープのようだ。
スーピットとはSランクの魔物であり、煮込めば煮込むほど旨みと味が濃くなる、極上の食材である。その肉のスープとなれば、街で頼めば金貨三枚はするであろう。

「そろそろ、煮込み始めてから三時間くらい…。味もちょうどよくなる頃だし、あの子を起こしに行くかな。」

少女は少年を寝かせた、自分の部屋の前に立つ…瞬間、ドアが開いた。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く