これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と選択授業⑥

 というわけで、やってきました家庭科室Aです。

「ここで掃除の授業が行われるのか。意外と綺麗じゃないか?」

 僕はてっきり汚れた教室で、その教室をキレイにする……みたいなのを想像していたんだけどな。

「あたりまえでしょ? 汚い教室だったら入る気がなくなっちゃうじゃない」

「第一印象……大事」

「たしかに。汚い教室には入りたくありませんのです」

 そういうもんか。

キーンコーンカーンコーン

「はーいみなさん、これから掃除をしているところをまとめた映像を流します。前のスクリーンに映しますので、見える位置に移動してくださ~い!!」

 どうやら実演するのではなく、映像で見せるだけのようだな。
 これはこれでおもしろいやり方だな。

「はい……それではそろそろ始めますよ。みなさんスクリーンに注目してください!! ではスタートです」

 そう言うと、担当の先生が何かのスイッチを押す。
 すると、スクリーンに映像が映し出されて…………って、立体映像じゃないか!!
 スクリーンを一番奥として、その前に立体映像が映し出される。

「これはすごい……」

「わぁ……初めて見た」

「すごい……技術」

「さすがは国立なのです……」

 僕たちは全員立体映像に見入っていた。
 立体映像なおかげで、しっかりと掃除しているのが見えるのだ。
 一見普通に掃き掃除や拭き掃除などをしているだけに見えるが、そこに技術があるのだろう。
 映像は汚い教室を4人でキレイにするというもので、掃き掃除と拭き掃除を交互に映している。
 そしてその映像は30分もかけずにとても汚かった教室をキレイにしてしまった。

「はい、以上で基本的な掃き掃除と拭き掃除の映像は終了です。続いて食器などの清掃映像になります」

 そう言うと、映像が切り替わり食器がたくさん並べられた部屋が映される。

「これも、すごい」

「キレイになってる」

「熟練の技……」

「ミレイヌもいつかはああなりたいのです!」

 僕も含めて教室内の全員が映像に見入っている。
 300枚以上はありそうな食器を、1枚あたり数秒でキレイにしている。
 このペースでできるようになるまで、どれだけの努力をしたのだろうか? 少し想像できない。
 やはり、プロというのはそれだけですごいのだ。

「はい、以上で終了になります。これ以降は質疑応答の時間になります。何か質問はございますか?」

 映像が終わり、質疑応答の時間になった。
 質問は主に自分もああなれるかどうかが聞かれている。
 なかなかいい経験になったな。
 帰ったらカランさんとランにいつもありがとうって言わないとな。
 僕は密かに決意して授業終了を待った。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く