これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と選択授業⑤

 結論から言うと、料理の授業はけっこうおもしろかった。
 この世界では前世の地球のような料理道具が使われているが、動力は基本的に魔法でまかなわれている。
 この家庭科室では最新の魔法設備が用いられており、前世とほぼかわりない方法で使うことができた。
 もともと料理はやらないが好きな方だったので、十分に楽しめたというわけだ。
 ……まぁ、とはいっても切ったり炒めたりしたくらいなのだが。

キーンコーンカーンコーン

「はい、ここまでで料理の体験授業は終了です。後片付けは終わっているところまでで大丈夫ですので、これで解散ですっ!」

 自分たちで作った料理を食べるというのは、やはり楽しいものだった。
 片付けは大丈夫らしいので、僕たちは教室から出ることにした。

・・・
・・


「楽しかったねぇ~」

「たのし……かった」

「とても楽しめたのですよっ」

「そうだね。それなりに楽しめたよ」

 僕たちは次の教室へと向かいながら、料理の授業の感想を口々に話し合っていた。

「初めて包丁を使ったけど、切るのって楽しいのね。リズムよくトントンってすると、思わず歌いたくなったわ」

「トントン……たしかに」

「炒めるのも楽しかったですのよ? へらを動かすたびにいい匂いがして、自分で作っているという実感がもてましたものっ」

「はははっ、そうだね。炒めていた時は早く食べたくてうずうずしたよ」

 僕たちは会話を楽しむ。

「ところで、次はどこに行くんだい? 今日はサラとレイトさんに付き合うけど、ミレイヌさんも同じ予定……じゃないよね?」

「ミレイヌは次はお掃除ですの。教室は第1家庭科室ですの」

「わぁっ! 私たちと一緒だね」

「私たち……も、次は、お掃除……」

「そうなのか? なら次も一緒なのか。これは良い偶然だね?」

「そうなのですっ! とても良い偶然なのですよっ!」

「もしかしてなんだけど…………その次はお裁縫だったりしない?」

「家庭科関係、三連……ぞく」

「当たりなのですよっ! 今日はとことん家庭科スキル! なのですよ?」

「うわぁっ! そうなんだ! ならお昼も一緒に食べられるよね?」

「みんなで、わいわい?」

「それは楽しそうですのっ! ぜひご一緒したいですの!」

「はははっ。なら午前中は一緒に行動だね。次のお掃除は家庭科室Aだったよね?」

「そうですの。もうすぐそこですの」

「家庭科室は、同じ階層だからね」

「移動がかん……たん」

「そうだね……っと、言ってる間についたね。中に入ろうか」

 僕たちは次の掃除の体験授業が行われる、家庭科室Aへと入った。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く