これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と選択授業③

 部屋に戻り着替えた僕は、玄関でみんなが集まるのを待ってから出発した。
 今日の一限目は昨日と同じく説明である。
 僕たちは時間に余裕があったので、ゆっくりとお喋りしながら学校へと向かった。

・・・
・・


キーンコーンカーンコーン

「はい、みなさんおはようございます」

 チャイムが鳴ると、先生が教室に入ってきて挨拶をした。

「「「おはようございますっ」」」

 全員で挨拶を返す。

「今日もまずは出席を取ります。みなさんポータルにログインしてください」

「「「はいっ」」」

 元気よく返事をして、全員ポータルにログインする。

「……はい、確認致しました。では、配布資料の一番を確認してください……」

 その日の一限目である説明が始まった。

・・・
・・


「さてと、今日はどこを見て回るかな?」

 今日も見学の時間がやってきた。
 僕は昨日でだいたい見たい場所を見終わってしまったので、これといって気になるところがないのである。

「ラン君はどこを見て回るの?」

「今日は一緒……じゃない?」

 そんな僕のところに、サラとレイトさんがやってきた。

「うーんとね? 僕は昨日でだいたい見て回っちゃったから、今日の予定は未定なんだよ……」

 僕は、素直に予定は未定とこたえる。

「それならいっしょに行こう!」

「それが……いい。いっしょ……に行こ……う」

 二人が誘ってくれるなら、一緒に行ってみるか。

「いいよ。一緒に行こう。どこから回るんだ?」

「こっちからだよっ!」

「まずは……こっち」

 そういう二人に引っ張られる形で、俺は今日の見学をスタートさせた。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く