これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と登校二日目の朝

「ランネ……様、起き…く……い。あ…です」

 誰かが僕を呼ぶ声が聞こえる。

「ラン……トさ…、お……くだ……。あさ……」

 今は何時だろう?
 呼ばれてるってことは、朝なんだろうか?

「ランネット様、起きてください。朝です」

 三度目の呼びかけで、僕の頭が言葉をはっきりと認識する。

「う、うーん……カラン? 今何時……かな?」

「今は朝の八時ですよ。朝食の用意ができております。着替えて食堂にお越し下さい」

「わかった……。すぐに行くよ……」

 僕は寝ぼけ眼をこすりながらベッドからおりる。

「それではお待ちしております……」

 そう言うと、カランは部屋から出ていった。

「ふわぁ……。さて、顔洗って着替えるか」

 僕は行動を開始した。

・・・
・・


「おはようございま~す。今日の朝食はなんですか~?」

 僕は大きな声で挨拶しながら、食堂のドアをくぐる。

「おはよ~ラン君。今日は珍しくご飯だよ~」

「おは……よう。ランネット君」

「おはようございます、にいさま」

「おはようございます、あにさま」

 食堂には既にサラとレイトさんにミラとミナがいた。
 今日の朝食はご飯と味噌汁に焼き魚らしく、おはしではなくナイフとフォークを使って食べていた。

「お、おはようございます、ランネット様。た、ただいま朝食をご用意いたします……」

 給仕はランがやっていたらしく、僕に気づくと朝食をとりにキッチンへと向かった。

「みんなおはよう。今日もいい天気だね」

「そうだねぇ。今日も一日晴れらしいよ?」

「天気予報……で、言ってた」

 サラとレイトさんが教えてくれる。

「そうなんだ。それはよかった。ミラとミナは? 晴れてよかったよね?」

 僕はミラとミナに聞いてみる。

「ミラはにいさまと一緒ならば、天気は気にしませんが」

「ミナはあにさまと一緒ならば、天気など気になりませんが」

「晴れたほうが好きです」

「晴れたほうが嬉しいです」

「そっか……」

「お、お待たせいたしました。朝食になります……」

 僕たちが天気の話をしていると、ランが僕の分の朝食を持ってきてくれた。

「いただきます」

 僕は両手を合わせて、いただきますをする。

「わぁ……。ラン君って、おはし使えるんだ?」

「すごい。……きよう、なんだね」

 サラとレイトさんはお箸が使えないらしく、使っている僕を見て驚いていた。

「ミラとミナも使えるよね?」

「はい、にいさま」

「はい、あにさま」

「そうなの!?」

「兄妹そろって……すごい」

 サラとレイトさんはびっくりしていた。

「ふたりには僕が教えたんだよ? サラとレイトさんにも、今度教えようか?」

「ほんと!? 絶対だよ?」

「うれしい……。今度……ね?」

「あぁ、今度ね。約束」

 僕は二人と約束した。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く