これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と選択授業②

「さてとみんな、この後はどうする?」

 ランチを食べ終えた僕は、みんなに問いかける。

「ミラとミナはにいさまについていくつもりです」

「ミナとミラはあにさまについていくつもりです」

「そうなんだ。サラとレイトさんはどうする?」

「私はまだ決めてないよ。…もしよかったら、ラン君についていっていい?」

「私も……まだ、今日の予定は……決めて…な…い。よければ……ランネット君について、いき…たい」

「わかった。なら二人も一緒だね?ミラとミナもいいよね?」

「にいさまがそれでよろしいのでしたら」

「あにさまがそれでよろしいのなら」

「ミラに異存はありません」

「ミナに異存はありません」

「よかった。なら早速向かおうか?片づけてから、魔法の基礎知識の教室にね」

「わかったわ」

「わか…った」

「かしこまりました、にいさま」

「かしこまりました、あにさま」

「それじゃ、ごちそうさまでした。片づける場所は……あそこか。みんな行こう?」

 みんなに声をかけると、僕は食べ終わったものを回収している場所へと向かった。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




 さて、ここで自分のとるべき授業について考えてみようと思う。
この世界に来て一番やってみたいことといえば、魔法である。
ただ、自分はチートらしいのでさじ加減が難しいのである。
まぁ僕は特別なのだから、目立つのは仕方がないのかもしれない。

「ってことで、やってきました初級魔法のクラスにっ」

 僕は妹たちに宣言する。

「初級魔法ってことは、魔法の勉強だよね? 楽しみだなぁ」

「たし……かに。楽しみ」

「ミラはにいさまと一緒ならばどこでも大丈夫です」

「ミナはあにさまと一緒ならばどこでも大丈夫です」

「失礼しま~す。説明を受けに来ましたぁ……って人が多いっ!!」

 扉を開けて中に入ってみると、そこは人で溢れかえっていた。
教室は後ろに出入り口があり、その出入口の近くまで立ち見の人たちがいた。

「えー……それでは、時間になりましたので説明を始めたいと思います」

 教壇の前に立ち、拡声魔法を用いて声を張り上げている人がいる。
あの人がこの初級魔法クラスの担当なのだろう。

「よかった、間に合ったね。四人とも入ってきて」

 僕は四人に中に入るように促す。

「失礼しま~す」

「失礼……します」

「「失礼します」」

 僕たちは出入り口付近に集まり、説明を聞くことにした。

・・・
・・


「以上で説明を終わります。興味がありましたら、時間割に組み込んでください。ありがとうございました……」

 初級魔法クラスの説明が終わった。
内容はこれからどんなことを学ぶのかについてと、このクラスで習える魔法の一部のデモンストレーションだった。

「「それなりに楽しめましたわね」」

「うんうん。魔法ってやっぱりすごいねっ!」

「すご……かった」

「たしかによかったね。説明も丁寧だったし、魔法もうまく制御されていたし……」

 やはり先生だけあり初級魔法はしっかりと制御されていて、きれいだった。

「次はどこに行こうか? 個人的には剣術に行きたいんだけど……」

「剣術かぁ……私はやめておくわ。魔法薬学に行こうと思ってるの」

「わたし……は、錬金術に行こうと……おもって、る」

「ミラはにいさまと一緒です」

「ミナはあにさまと一緒です」

「そっか。それじゃあ二人とはここでいったんお別れだね。また後で、一緒に夕飯を食べようね?」

「はい、また後でです」

「また……ね?」

「うん、またね。……それじゃあミラにミナ? 行こうか」

「はい、にいさま」

「はい、あにさま」

 僕は二人と別れ、妹たちと一緒に剣術のクラスへと向かった。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く