これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と昼休憩①-①

「はい、みなさん?これで説明は終わりとなります。このまま解散して、昼休憩になります。ありがとうございました」

「「「ありがとうございました」」」

会場内の全員が挨拶を返し、昼休憩をとるために食堂や購買に向かう。

「さて、僕はどうしようかな……」

この後の予定を考える。

「ラン君、いっしょに食堂に行きましょう?」

体育館から出ずにどうしようか考えていると、後ろから声をかけられた。

「あぁ、サラか。いいよ、一緒に行こう」

「レイトさんも一緒でいい?」

「もちろん。かまわないよ」

「えへへ、やったね?レイトさん」

「う…ん。よかった」

「そうと決まれば早く行こう?席がなくなることはないと思うけど、まとまって座るとなると、早く行ったほうがいいからね」

「そうねっ。早く行きましょう」

「う…ん。行こ…う」

僕たちは三人で食堂に向かった。

・・・
・・


「お姉さん、今日のおススメはなに?」

食堂についた僕は、受付のお姉さんに声をかける。

「そうねぇ……今日のおススメは、Aランチかしら?魚のフライがメインで、サラダとスープ、ライスかパンが選べるわ」

「そうなんだ。……どうする、サラ?レイトさん?」

「私はそれでいいと思うよ?レイトさんは?」

「わたし…も、それでいい…と思う」

「じゃあ決まりだね。…お姉さん、Aランチを三つでお願いします」

「かしこまりました。それでは、こちらの番号札をお持ちになってください。できた順に番号でお呼びいたしますので、呼ばれましたらあちらの受け取りカウンターまでお越しください」

「わかりました」

「はーい」

「わかり…ました」

「では、席に座ってお待ちください」

「よしっ。んじゃ席に座ろうぜ」

「えぇ」

「う…ん」

「どこらへんがいいかなぁ?」

僕は、広い食堂の中を見回してみる。
すると、受け取りカウンターの近くがなぜか不自然に空いていることに気がつく。
でも、空いているんだから座っていいんだろう。

「ラッキー!受け取りカウンターの近くが空いてるぜっ。あそこにしないか?」

僕は二人に声をかける。

「あ、ホントだ。ラッキーだね」

「行く?」

「よしっ!決まりだな。早く座ろうぜ」

僕たちは、受け取りカウンター近くの席に急いで向かう。
すると、そこには先約が待っていた。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    いつの間にか、語尾が「ぜ」になっている...

    1
コメントを書く