これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と選択授業

「お待ちしておりました…ランネット様。すでに準備は整っております」

「あぁ、ありがとう」

「リハーサルなしの一発勝負になってしまいますが、大丈夫でしょうか?」

「問題ないよ。大丈夫」

「さようでございますか。では、よろしくお願いします」

「あぁ、いってくるよ」

僕は、体育館の裏手から壇上へと上がった。

「えー…みなさん、お待たせいたしました。これより、校長であるブレイブ・ランネット・アースグレイズ様より、選択授業についての説明をしていただきます。ランネット様、よろしくお願いします」

そういうと、司会の人が僕にマイクを渡してくる。
僕はマイクを受け取ると、体育館に集まっている生徒たちを見まわした。

「えー、ゴホン。みなさんこんにちは、ただいま紹介にあずかったブレイブ・ランネット・アースグレイズです。……みなさん、学校にはなれたでしょうか?」

少し間をあけて、反応をみる。

「まだ二日目なので…いろいろ大変だとは思いますが、だんだんでいいので慣れていってください。そして、大きくなっていってください。……では堅苦しい話はここまでにして、選択授業についての説明をしたいと思います。…まずはみなさんに質問です。みなさんは将来何になりたいですか?」

「冒険者!」「鍛冶師だ!」「狩人になりたい!」「メイドです!」「騎士です!」「治療師になります!」

さまざまな答えが返ってくる。

「ではみなさんに再度質問です。みなさんは、なりたいものになるためには何をすればいいのかわかっていますか?」

「「「・・・・・・・・」」」

今度は返事が返ってこない。

「わからなくて当たり前だと思います。なぜならみなさんはまだ子供なのですから」

少し間をあけて反応をみる。

「しかし安心してください!この学校では、なりたいものになるための手助けをします!ずばり言いましょう。選択授業こそが、みなさんがなりたいものになるための道しるべなのです!」

ここで少し間をあけてタイミングを計る。

「選択授業とはその名の通り、みなさんが自分で選ぶ授業です。…騎士になりたい人は「騎士基礎」「騎士応用」「剣術」「槍術」「馬術」などを選択すれば、騎士になるための勉強ができるでしょう」

「おぉーーーーー」「やったぜ」「うんうん」

先ほど「騎士です」と答えた少年などから、歓声が上がる。

「冒険者や狩人になりたい人は、幅広い知識と実力が必要です。そうですねぇ「冒険者基礎知識」「冒険者応用知識」「剣術」「魔法基礎」「魔法応用」などを選択すれば、一流に近づくことができるでしょう。……それに、この学校を卒業するさいのテストに合格すれば、国からの資格免許と神からの加護が与えられます」

「うおぉーーーーー」「よっしゃーーーーー」「いぇーーーい」「やったぜ!!」

今度は先ほど「冒険者!」と答えていた少年たちから歓声が上がる。

「ではみなさん……あらかじめ配られている資料より自分が受けたい授業を選択し、見学してみてください。今日の午後から三日後の午後までが選択できる期間です。ぜひ自分の目で確かめて、自分で選択してください!」

「「「わぁーーーーー!!!」」」

「では、以上で説明を終わります」

僕はそういうとマイクを司会の人に渡して、裏手へと戻ってからこっそりと自分のクラスの場所へと戻った。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く