これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と初登校

「さてと、そろそろ行こうかな?」

現在時刻は八時二十分。
授業(というより、今日は学校説明)は九時からだから、今寮を出れば八時三十分には学校につけるので、充分な余裕があると言える。

「最後にもう一度、みだしなみをチェックして…と」

僕は全身がうつる鏡の前に立ち、髪型や制服の着こなしをチェックする。

「…よしっ。大丈夫そうだな。それじゃあ行ってくるね?カランさん」

そう言って僕は、鏡にうつらない角度で後ろに控えていたカランさんに声をかける。

「気付いていらしたのですね?…今日こそは自信があったのですが…」
いつもの事だが、やはりカランさんは少し驚いているようだ。

「これも純粋種の能力ちからの一部だよ。気配をさっする…ね?」

「やはり純粋種は別格の存在…というわけですね…」

「まぁ…ね。…それより、玄関まで見送りにきてくれる?」

「もちろんですとも。…それでは、行きましょうか?」

「そうだね」

そう言って僕は、ドアを開けて玄関に向かう。

・・・
・・


「あれ?レイトさんじゃないか。レイトさんも今から行くの?」

玄関につくと、そこにはクラスメートの「レイト・グラス」さんがいた。

「そう。…この時間に…ここにいる。あなたも?」

「そういうことになるね」

「そう」

そう言うと、レイトさんは扉を開けて外に出る。

「あ、待ってよ。どうせなら一緒にいこう?」

僕は慌ててレイトさんの後を追う。

「かまわない。向かう先が、同じ…だから…」

「ありがとう。…それじゃあカランさん?いってくるね」

「いってらっしゃいませ。ランネット様」

手を振って見送ってくれるカランさんを背に、僕はレイトさんと一緒に学校への道を歩き始めた。

・・・
・・


「そういえばなんだけど…レイトさんはこの学校に、何を学びに来たの?…自己紹介の時に、レイトさんだけ言わなかったじゃない?」

学校へと向かう途中。
歩きながら僕は、レイトさんに気になっていた事をきいてみた。

「…秘密。…といっても、カリキュラムを組んで授業を受ける以上…調べれば…わかってしまうのだけれど…」

「ふーん…秘密かぁ。…恥ずかしいの?なら、これ以上きかないけど…」

「…そう。なら…きかないで。…あなたにきかれるのは、いずれバレるとはいえ…はずか…しい…」

「わかった。これ以上はきかないよ」

「ありが…とう」

「気にはなるけどね?…っあ、そろそろ学校に着くね。教室まで一緒でも大丈夫?」

「…かまわ…ない」

「ありがとう。それじゃあ、レッツゴー」

そう言って僕は、少し歩く速度を上げる。

「ゴー?」

レイトさんは首をかしげながらもついてきてくれた。

・・・
・・


「とうちゃーく。時間は…八時三十三分か。授業開始まで、少し休もう。…レイトさんは?」

少し予定より遅れたが、教室にたどり着いた。

「とう…ちゃく。…ランネット君…歩くの…はやい…」

遅れてレイトさんも教室に入ってくる。

「少し早歩きしたからね。…それじゃあ、僕は自分の席に行くね?レイトさん、また後で?だね」

そう言うと、僕は自分の席で本を読み始める。

「…そう?…そう」

レイトさんも自分の席につく。
僕は、まわりを気にせずに本に集中した。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く