これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と学園生活初日の朝②

「よよよ、ようこそっ!いいい、いらっしゃいませっ!ほほほ、本日の朝食を担当させていただいた、ラララ、ランと言いますっ!」

後ろ手に食堂の扉を閉じた瞬間、大きな声が響いた。
それは、先ほどカランさんが言っていた新人メイドである「ラン」のあいさつだったようで…
目の前には、体を九十度以上曲げた姿勢でぷるぷるふるえている、少女の姿があった。

「そんなに緊張しすぎないでくれないか?いくら正式に顔をあわせるのが初めてだとしても…僕としては、専属メイドになった以上、君も家族のように扱いたいのだから…」

僕は、目の前の少女に語り掛ける。

「そそそ、そんなっ!滅相もありませんっ!わわわ、わたしごときが家族だなどとっ!」

しかし少女…ランは恐縮してしまっている。

「そんなこと無いよ。すでに僕はそのつもりだし…他の専属メイドのみんなは、家族みたいに接してくれてるでしょ?」

「そ、それは………そのようにしていましたが………」

「ね?…だから、これからは君も僕になれて、早くカランさんみたいになってくれよ?仕事もプライベートも。期待してるからっ」

「あああ、ありがとうございますっ!」

「うんっ!…さて、それじゃあさっそく、席に案内してもらえるかな?」

「かしこまりました、ランネット様。こここ、こちらになりますっ」

話という説得?が終わったので、さっそく席に案内してもらう。

「こちらの席になりますっ。た、ただいま朝食をお持ちいたしますっ!お座りになってお待ちくださいっ!」

ランは、椅子をひいて僕を座らせた後、ぺこりとお辞儀をしてクッキングルームに入っていく。

「ありがとう」

僕は、その後ろ姿に向けて感謝を投げる。

「ふ、ふにゃっ」

すると、こちらに振り返ろうとしたランが、すてんところんだ所が見えた。

・・・
・・


「お待たせいたしました…こちらが本日の朝食になります…」

しばらくすると、クッキングルームからランがプレートにのった朝食を運んできた。

「ありがとう。いただくね?」

「ど、どうぞ、お召し上がりくださいっ」

「いたたきます…」

僕は、両手を合わせていただきますをしてから、クルミパンを手にとる。

「うんっ!おいしく焼けてるね。…ランは料理が上手なんだね?」

「ははは、はいっ!専属メイドですのでっ!」

「そっか…確かにそうだね」

「ははは、はいっ。専属メイドの試験の一つ…ですから。………そのぉ、スープの方はどうでしょうか?あっ、すみません…」

「謝らなくていいよ。そうだね、いただいてみるよ…」

僕は、スプーンでスープをすくって口にする。

「うんっ!おいしいよ。もしかしたら、カランさんよりうまいんじゃない?」

「そそそ、そんなっ!…確かに料理に自信はありますが、それは恐れ多いのですっ!」

「はははっ、そうそう。今の感じだよっ」

「???…そのぉ、何のことでしょうか?」

「話し方だよ。今、最後が「のです」になってたよ?…素はその喋り方なんでしょ?」

「あっ!………そう…なの…です」

「そうそう。その感じ。…さっきも言ったけど、専属メイドは僕の家族みたいなものなんだ。喋り方を変える必要なんて、どこにもないよっ」

「あっ!………その、わかり…ました…なのです…」

「あらためまして…これからよろしくね?ラン?」

僕は右手を差し出す。

「よろしく…お願いしますなのですっ!ランネット様っ」

ランはその手を両手で握り返してくれた。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • くあ

    わぁお、なのです、の人久しぶりに見た

    0
コメントを書く