これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年と学園生活初日の朝

みなさんこんにちは。
もしくはこんばんはまたはおはようございます。
今日は入学2日目、学園生活初日です。
今日の予定はカリキュラムの選定です。
今日、明日、明後日の3日間を使って、自分の勉強したいようにカリキュラムを組むんだ。
この自分で勉強したいものを選ぶカリキュラムというやり方は、僕が前世の記憶…というか経験から提案したことである。

コンコンッ

「おはようございます。ランネット様。朝食の用意が出来ておりますので、食堂までご案内いたします…」

寝起きの頭でそんなことを考えていると、カランさんがやってきた。
この人は僕の専属メイドの1人で、学園でのお世話をすべてまかされている。

「それじゃあ向かいましょうか?」

僕は着替えもせずに、ベッドからとびおりて歩き出そうとする。

「いけませんっ!ランネット様。ちゃんと制服に着替えてくださいませ」

「あ、そっか。忘れてたよ。いつもはこのまま動き回ってたからさ…」

そう。
僕は王宮で過ごしていた時は、夜に一回着替えるだけで、朝は着替えてなかったから、忘れていた。

「本日より学園生活が始まるのですよ?しっかりしてくださいね?」

「うんっ!もちろんだよっ」

カランさんの言葉にしっかりとうなずき、笑顔をみせる。

「さしあたっては…着替えてご飯でございますね」

「は~い」

「手伝わなくてもよろしいのですよね?」

「今日は手伝ってくれる?…初めて着るから、着にくいんだ」

「わかりました。それでは手伝わせていただきます…」

「よろしく~」

「では」

パッパッパッとカランさんが制服を着付けてくれる。
僕はそのはやさに驚きながら、明日からは自分で着れるようにみながら覚えようとした。

「…終わりました」

時間にして一分もたっていないだろう。
それくらいの時間で、僕は制服に着替えさせてもらっていた。

「ありがとう。カランさん。…それじゃあ、食堂に行こうか?」

僕は、ドアを開けて食堂へ向かう。

「かしこまりました」

その後ろを少し離れて、カランさんが付いて来る。

「カランさん、今日のメニューは何ですか?」

僕は、道すがらカランさんと話をすることにした。

「本日のメニューは、クルミパンとじゃがいものポタージュになります…」

「おいしそうですねぇ」

「そうですね…なかなか良いできだったと思いますよ」

「良いでき…ってことは、カランさんが作ったんですか?」

「いいえ、違います。…まぁ、手伝いはしましたが」

「もしかして、新しく入った人?」

「そうです。ランという名前です」

「僕の愛称と同じ名前だっ」

「そのとおりですが、本人の前では言わないでくださいね?」

「カランさん、なんで?」

「秘密です。それより…つきましたよ?」

いつの間にか、僕たちは食堂の前についていた。

「そうだね。…それじゃあ、また後でね?」

「はい、たしかに。後ほどお迎えにまいります…」

カランさんの声を背中に、僕は食堂の中に入っていった。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く