これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年あいさつする

「みなさん、こんにちは。ただいまご紹介にあずかった、ブレイブ・ランネット・アースグレイズです。」

ざわざわざわっ

王様の隣で話し始めた僕を見て、会場にいるすべての人が驚いている。

「まずはみなさん、ご入学おめでとうございます。国内初…いえ、世界初の国立全教科一貫校「アースグレイズ学園」にようこそ。先ほどの紹介のとおり、僕がこの学園の創立者であり、校長になります…」

ざわざわざわざわっ

ざわめきがいっそうつよくなる。

「みなさまっ、静粛にお願いします!」

司会者の女性が、ざわめきをおさえるために声をはりあげる。

「お静かにお願いします…」

僕は、話を続けるために言葉をつなげる。

「まずはじめに、みなさんの疑問にお答えしたいと思います。…そう、何故子供である僕が校長なのか?という疑問についてです…」

ざわざわざわっ

僕の言葉に、ざわめきが少しおさまる。

「まず最初に、僕の身分を明らかにしたいと思います。…先ほど紹介されましたが、僕の名前はブレイブ・ランネット・アースグレイズ。この国の王の息子であり、純粋種です!」

ざわざわざわざわざわっ

今日一番乗りざわめきが巻き起こる。

「僕はまだ子供ですが、王族の一人として勉強をしてきました。…しかし、今のままでは僕はしっかりと勉強できない事を知りました。…何故なら、王族の通える学校がこの国に、いやこの世界に無いからです…」

僕はそこで一度言葉をきる。

「ゆえに、僕は考えました。どうすればいいだろう?と………その答えが、この国立全教科一貫校「アースグレイズ学園」です!」

ざわざわざわざわざわざわっ

僕が力強く宣言すると、更にざわめきが強くなる。

「この学園は、すべての学びたい者に救いの手を差し伸べます。…今までになかった制度で…今までになかった教え方でっ!」

僕はそこで言葉きり、力をためる。

「ゆえに僕はここに宣言します…「すべての者よ、学び子たれっ!」」

力強く叫び、声をはりあげる。

「僕自身、これからみなさんと一緒に学ぶ身です。いっしょに勉学にはげみましょうっ!…以上で僕からの話を終わりたいと思います。ありがとうございましたっ」

言葉と一緒に、僕は頭を下げる。

「「「「「わぁーーーーーーっ!!!!!」」」」」

パチパチパチパチパチパチッ

すると、会場全体が熱気を爆発させ、拍手と歓声がわきおこる。

「ありがとうございました。創立者にして校長である、ブレイブ・ランネット・アースグレイズ様よりのお言葉でした。…つづきましては、入学生代表のあいさつになります…」

・・・
・・





◇◇◇◇◇◇◇◇◇




入学式が終わると、会場に集まった人たちは全員、自分たちの所属するクラスへと集まり、明日からの詳しい日程を聞かされた。
僕も当然クラスの集まりに参加し、まわりの人たちと一緒に過ごす。

「よろしくお願いしますっ」

と、みんなが自己紹介をして、今日は解散となった。
嬉しかったのは、僕の自己紹介の時に、一番大きな拍手をしてもらえた事である。
………明日からの学園生活が楽しみである。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く