これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年入学式に出る

わいわい………がやがやっ

入学式の会場である王宮の王の間には、あふれんばかりの人が集まっていた。
集まっている人たちは種族も年齢もバラバラであり、下は6歳から上は25歳まで集められている。

「んんっ。静粛に、静粛にっ」

王様が座る椅子の前に、司会者らしき女性が立つ。

「これよりっ、入学式を開式いたします。…まずは王様から入学のお祝いをしていただきます。王様が中央をお通りになって入場いたします。みなさま、お静かにお願いいたします…」

どうやら入学式が始まるらしく、中央の道をあけて左右に人々がわけられる。

「王様のごにゅ~じょ~う」

パパパパパパパーン

盛大にラッパが鳴らされ、扉が開く。

「みなさま、拍手でお迎え下さいっ」

わぁぁっ
パチパチパチパチパチパチ

司会の女性の声が響き、盛大な拍手が王様に向けられる。

パチパチパチパチパチパチ

拍手の中を王様が椅子に向かい進んでいき、椅子の前に立つ。

「静粛にお願いします…」

パチパチパチパチ…

拍手がやみ、王様が椅子に座る。

「それではこれより…記念すべき第1回、国立全教科一貫校「アースグレイズ学園」の入学式を開始いたしますっ」

わぁぁっわぁぁっ
パチパチパチパチパチパチパチパチ…

「静粛にお願いいたします………ではまず初めに、王様より開式のお言葉をいただきますっ」

女性が宣言すると、王様が立ち上がりマイクを持つ。

わぁぁわぁぁ
パチパチパチパチパチパチパチパチ

一斉にみんなが拍手をする。

「静粛にっ…。おほんっ…本日は我が国初の…いや、世界初の国立全教科一貫校「アースグレイズ学園」の入学式に集まってもらい、嬉しく思う。これより、入学式を開式するっ!」

わぁぁっ
パチパチパチパチパチパチ

王様の宣言に、会場が盛り上がる。

「静粛にお願いいたします………では続いて、当学園の設立者であり、校長である、ブレイブ・ランネット・アースグレイズ様より、お言葉をいただきますっ。ブレイブ・ランネット・アースグレイズ様、お願いいたします…」

「はいっ!」

女性の声に応えたのは、子供の声だった。

ざわざわざわざわ

「静粛に、静粛にっ!…ブレイブ・ランネット・アースグレイズ様、お願いいたします…」

司会の女性の言葉に会場が静まる。
すると、人だかりの中から一人の少年が前へと歩き出す。

少年はそのまま王様の横に並び立つと、マイクを握って話し始めた。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く