これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年入学する

やぁみなさんこんにちは。
もしくはこんばんはかおはようございます。
僕は6歳になりました。
そして、なんと今日は入学式なのです!!

あの学校を父上にお願いしてから約一年。
最初は、国内初の国立小学校ができるはずだったんですが…
なんと、今ではまったく違うものができあがってしまいました。それは…

「つくるようにお願いした身で申し訳ないのですが…」

「何だね?ブレン?」

「いえ…ただ、やりすぎたなぁ…と、少し反省しています」

「いまさらそれを言うのか?ブレンよ」

「いえ…そのぉ…」

入学式の会場である王宮の王の間で、父上と話をする僕。

「まぁ…できたものはできたものだし、実際これができた事により、国内の学力…すなわち識字率などの今までどうしても上げ辛かった勉学に関する事柄が、しっかり強化できるという試算ができている。もうこの学校は、ブレン一人の我がままではないのだよ…」

「それは…そうなのですが」

「まぁ、奨学生制度…だったか?そのような制度は今まで考えられていなかったものだし、効果が見込めそうだという事も試算できている。…この国立全教科一貫校「アースグレイズ学園」は、大成功するだろう…」

「それならいいのですが…どうにも緊張してしまって」

そう。
最初はただたんに、僕が学校に通いたかっただけだったのだが…
色々と父上たちと話をしていった結果、最終的には小学校から大学院までの超巨大一貫校ができることになってしまった。

「はははっ、ブレンでも緊張するのだな。初めて知ったぞ」

「そうですか?まぁ…この入学式、しっかりとしていますよ。王族として…次期王として!」

「その意気だブレン。応援しているぞっ」

「はいっ!父上っ」

僕は父上と別れ、入学式の会場となる王の間から出て受け付けに向かった。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「あの…すみません。受け付けはどちらにあるのでしょうか?」

受け付けに向かう途中で、見たことのない少女から声をかけられる。

「受け付けですか?あっちのほうですよ?」

「そうですか…ありがとうございますです」

「よければ一緒に行きませんか?僕も今から受け付けに行くんですよ…」

「そうなのですかっ!?是非、よろしくお願いしますっ」

「よろしく。僕はみんなから、ランって呼ばれてるから…君もそう呼んでくれるとうれしいかな」

「ラン君…ですか、わかりました。私はサライラ・フォンタニアです。サラって呼んでください」

「わかったよ、サラ。これからよろしくね?」

「はい。ラン君。こちらこそよろしくお願いしますです」

僕は、少女といっしょに受け付けに向かうことにした。

・・・
・・


「受け付けはこちらになっております。四列になってお並び下さいっ」


「ついたみたいだね。さっそく並びなよ」

「はい。そうですね。…って、ラン君は並ばないのですか?」

「僕はもう、受け付けはすませてあるんだ。受け付けに来たのは、サラとお話がしたかったからなんだよね…じつは」

「え?そうだったんですか?」

「ごめんね。なんか騙すようになっちゃって…」

「いえ…そんな、ありがとうございましたです」

「お喋り楽しかったよ。また話そうね?」

「はいっ!是非またっ」

「それじゃあ…また後でね?」

「はいっ。それではっ」

僕は手を振ってから、先に会場へと向かった。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く