これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年学校をつくる

やぁみなさんこんにちは。
もしくはこんばんはかおはようございます。
ブレイブ・ランネット・アースグレイズです。
いきなり唐突ですが、僕は5歳になりました。
あの純粋種について聞いた日からはや二年くらい。
かわらない日常を過ごしていた僕は、もうすぐ6歳になる僕は、あることが気になって父上に聞いてみました。

「父上。僕はもうすぐ6歳ですが、勉強などはしなくても良いのですか?」

僕は疑問を父上に尋ねてみた。

「ブレンは勉強がしたいのか?ならば、今度家庭教師に来てもらうことにしようか?」

「いえ、父上。僕は学校で学びたいです。…同じ世代の友達も欲しいですし、なにより僕の…僕だけの家臣が欲しいのです」

そう。
僕は学校で学びたかった。
正確には、同世代の友達がほしかったのだ。

「うぅむ…学校…か。そなたが願うのならやぶさかではないが学校は…なぁ?」

「何か問題があるのでしょうか?父上?」

僕は父上に問いかける。

「あるぞ。それも大問題がな…」

父上は真剣な顔で僕と向き合う。

「それは何ですか?父上?」

僕も負けじと目を見つめる。

「………王族が入れる学校がない…という事だよ、ブレン」

少しの沈黙の後父上は僕を諭すように言った。

「そんなっ!?僕は普通の学校に入りたいんですっ!」

僕はその言葉にうつむいてしまう。

「それはダメだ!…ブレン?お前は王族なうえに純粋種なんだぞ?次期王に決まっているお前を、むやみに危険にさらすわけにはいかないのだよ」

父上は落ち込む僕の肩をつかみ、目を見て真剣な顔で説得してくる。

「そんなぁ…僕は学校で勉強がしたいのに…。どうにかならないのですか!?父上っ!」

僕は納得できず、父上の顔を見つめ返す。

「うぅむ…」

「なら、何が問題なのかを教えてくださいっ!父上っ!」

僕は訪ねる方向性をかえてみる。

「うむ…問題か。それは…第一に、場所がダメだからだ。王族をまもれるだけの設備を学校はそなえていない。そして…第二に、教える者がいないのだ。王族に教えられるのは、王宮勤めを長年し引退した官僚だけだ。それも優秀な…な。今ある学校には、お主に教えられる先生がいないだよ…」

「そうですか…」

父上の説明をきき、僕は考える。

「わかってくれたか?ブレン?…お主が通える学校は、今この国にないのだよ…」

「わかりました…」

「わかってくれたか…」

「えぇ、わかりましたよ。答えがね…」

「答え…だと?それはいったい…」

「なければつくれば良いんですっ!新しい学校をつくりましょうっ!」

考えた答えを、僕は父上に宣言する。

「ばかなっ!確かにつくってしまえば良いというのは、当たり前の事実だが…場所はどうするのだっ!?雇う先生は!?」

「それは簡単です。王族をまもれるだけの設備を備えた場所につくればいいんですっ!」

僕は父上に説明する。

「ばかなことを言うなっ!そんなものどこにある!?あるとしたらこの王宮と王城くらい………まさかっ!?」

「そうです、父上。ここにつくればいいんですっ!」

僕は、堂々と今いる場所を指で示す。

「ここならば、問題有りませんよね?父上?」

「うぅむ…たしかに。ここならば問題はないが…先生はどうするのだ!?」

「先ほど父上がおっしゃっていたではないですか。…引退した官僚を招けばいいと思います」

僕は父上にたたみかける。

「うぅむ…うぅむ…たしかに問題ない気がするが…」

「お願いっ。父上?」

僕は伝家の宝刀を抜いた。
上目使い+涙+甘え声である。

「うぅむ…うぅむ…うぅむ………わかった。学校をつくろうっ!」

「ありがとうっ。父上っ」

僕は父上に抱きつく。

「うむ。来年を楽しみに…待っているがよい」

「うん。本当にありがとう。父上っ」

僕は来年が楽しみになった。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く