これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年双子姫とねる事にする

(おぉ、神よ…僕に近親相姦禁断の果実をおかせというのですか?)

(呼んだかい?)

(え?)

瞬間、世界が止まった。

(やぁ、久しぶりだね?神様だよ?覚えているかい?)

(あぁ。どうもお久しぶりです。何か御用でしょうか?)

(いや、なに…やはり君は面白いとおもってね。丁度僕に懺悔してるみたいだから、出て来てみたんだよっ)

(何か雰囲気かわってません?)

(そうかな?…そうかもしれないね)

(まぁ、いいです。…それより、今のこの状況からはどうすれば助かりますか?)

(助かりたいのかい?本当に?)

(いえ、そのぉ…さすがにまだはやいかなぁ?とかおもってるんですが…)

(ふむ、確かに。君ってば、精神年齢は20こえてるけど…実年齢は3歳だからね。確かにまだはやいと僕も思うよ。フフフッ)

(ですよね?…それなら神様?助けてくださいな?)

(良いよ…と言いたいところだけど、一ついいかい?)

(なんでしょうか?)

(君ってば、3歳なんだから…たたないよね?…それに、キスとかは普通にしてるんだから…キスしてあげれば、まるくおさまると思うよ?)

(そう…ですか?)

(フフフッ。今回は、「キスをする」がたった一つの冴えたやり方だと思うよ?)

(わかりました。やってみます)

僕はその言葉を信じて頷く。

(がんばりたまへよ?ではねっ…さらばだっ!)

瞬間、世界が動き出す。
動き出した世界では、目の前に裸エプロンの双子姫がいる。
二人とも目を潤ませ、僕のことを見つめてくる。

「それじゃあ、ミラ?ミナ?目を閉じてくれるかい?」

「はい。にいさま」

「はい。あにさま」

チュッ、チュッ…と、ミラから順番に双子姫のほっべにキスをする。

「うれしいですっ。にいさまっ」

「うれしいですっ。あにさまっ」

「うわぁっ」

キスされた双子姫が、笑顔で僕に抱きついてくる。

「あわわ」

やわらかいものが、僕の体の両側を包み込み、癒していく。

(とても気持ちいい…ずっとこのままで良いかも…)

「ぎゅーっとしますね?にいさま?」

「ぬくもりを感じてくださいね?あにさま?」

(これは…死ねるっ)

更に強く二人が抱き締めてきて、僕はこのまま天国にいきそうになる。
でも…

「ミラ?ミナ?おままごとするんじゃないの?」

「もう少しこのままが良いです。にいさま…」

「むしろこのまま寝たいです。あにさま…」

なんと魅力的な提案をするんだ…ミラとミナは。

「じゃあ…このままベッドに行こうか?一緒にお昼寝しようっ」

「ホントですか?にいさま?」

「ホントですか?あにさま?」

「あぁ、もちろん。…それじゃあ?少し歩くよ?」

「はい。にいさま」

「はい。あにさま」

僕たちは三人でベッドに向けて歩き出す。

「行くよ?せーのっ」

ポフッ
という音をたてて、ベッドに飛び込む僕たち。

「気持ちいいね?ミラ?ミナ?」

「気持ちいいです。にいさま…」

「とっても極楽です。あにさま…」

「それじゃあ二人とも?おやすみなさい…」

僕は二人を抱き直し、目を閉じる。

「おやすみなさいです。にいさま…」

「おやすみなさいです。あにさま…」

「おやすみ…」

そうして僕たち三人は、まどろみの中に落ちていった。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く