これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年姉に膝枕される

「んぅ?」

(なんだろう?なにかとても気持ちいいものに包まれている気がする…)

「起きるの?ブラン?」

「んぅ?んー?」

(誰かが僕を包んでいる。…この声は、姉さま?)

「ブラン?起きないの?もう夕方よ?ご飯がもうすぐできるわよ?」

「んー?うぅん…」

(もうそんな時間なのか…はやいなぁ)

「んぅ…にいさま?姉さま?」

「んぅ…あにさま?姉さま?」

「ミラも、ミナも、ブランに抱きついていないではやく起きなさい?」

「にいさまが起きたら起きます…」

「あにさまが起きるまで寝ています…」

(うれしいことを言ってくれるなぁ。…さすがはミラとミナだな)

「ミラ?ミナ?起きてるでしょ?」

「いいえ、姉さま」

「いいえ、姉さま」

「ミラは起きていません」

「ミナは起きていません」

「うーん…まぁいいや。ブランを起こせば二人も起きるでしょう…」

(そうなのか?僕のせいなのか?ミラとミナが起きないのは…)

「ブラン?起きて?もう夕方よ?」

「んぅ?んんっ」

(そろそろ起きなくちゃ。…でも、気持ちよくてこのままでいたい。…だけど)

「姉さま…ですか?」

「えぇ、そうよ。起きたかしら?」

「頑張って今起きます。…布団でもかけてくださったのですか?まくらも使わせていただいたようで。…とてもあたたかくて気持ちよかったです」

「布団はかけてないわよ?あったかいのは、ミラとミナがくっついてるからだと思うわ」

「そうなのですか?…では、このまくらはなんでできているのですか?とても気持ちよく包まれている気がするのですが…」

「気がつかない?」

「はい。わかりません…」

「目をあければわかるわよ?」

「そうなのですか?それでは起きますね…」

僕は目をあけてみる。
すると

「膝枕…ですか?姉さま?」

「わかったみたいね。そうよ?私が枕のかわりになってあげていたのよっ」

「どうもすみません…姉さま。ありがとうございます。とても気持ちよく眠れました…」

「そう?…なら良かったわ」

「ミラとミナもありがとう。おかげであたたかくて気持ちよかったよ」

「そうですか?にいさま…」

「そうですか?あにさま…」

「あぁ。とても良かったよ」

「それはよかったです。にいさま」

「ミナも気持ちよかったです。あにさま」

「そう?なら良かったよ…」

「ブラン。それとミラもミナも…ご飯になるわ。起きて食堂に行きましょう?」

「わかりました姉さま。ミラ?ミナ?行こうか?」

「わかりました。にいさま」

「わかりました。あにさま」

「それじゃあ、一緒に行くわよ?」

そう言って姉さまが立ち上がって歩き出す。

「はい。姉さま」

僕はそれに続き。

「待ってください。にいさま」

「待ってください。あにさま」

ミラとミナが僕に続いた。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く