これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年妹たちと遊ぶことにする

この世界の吸血鬼は、家族や親しい友人、恋人からしか血を吸わない。
太陽に焼かれもしないし、十字架が弱点でもない。
当然にんにく料理だって食べるし、見た目も人間に近い。
しかし、人間にはできない無数のコウモリへの変身ができたり、傷の治りがはやかったりする。
そしてなにより、魅了チャームの魔法を得意としている。
これは、老若男女問わず強力であり、普通の人間は簡単に操られてしまうため、法律で使用が禁じられている。
何故今急にこんな話をしたかというと…

「やはりにいさまにはきかないのですね…」

「あにさまはやはり特別なのですね…」

たった今、双子姫で吸血鬼な妹たちに魅了チャームをかけられそうになったからである。

「ミラもミナも、いくら僕には魅了チャームがきかないとはいえ、使うのは法律違反なんだよ?使っちゃいけないって、僕は何度も言ってるよね?」

「すみませんにいさま…」

「ごめんなさいあにさま…」

「…はぁ、まぁいいけどね…僕以外に使わないなら」

「それはつまりにいさま」

「あにさまをメロメロにして良いという事ですね」

「ちーがーいーまーす。僕にだって、ほんとは使っちゃダメなんだからな?」

「ですがにいさま?」

「あにさまにはきかないですよね?」

「ならにいさまで練習しても」

「あにさまの迷惑にはならないはずです」

「それは…そうなんだけど、これは気持ちの問題だよっ。…きかないといっても、オートで「リフレッシュ」の魔法がかかるだけで、一瞬へんな気分にはなるんだぞ?」

「それは本当ですか?にいさま?」

「あにさまにも少しだけかかっているのですね?」

「そういうことだ」

「にいさまにもかかる…」

「これはあにさまから良いことをききました」

「ではにいさま?」

「おままごとをはじめましょうか?あにさまっ」

「…なにか釈然としないけど、了解。…今日はどんなシチュエーションでやるんだ?」

「今日は久しぶりに王道が良いです、にいさま」

「ミラとミナがお嫁さんです、あにさま」

「つまり僕は二人のお嫁さんを持つ夫の役?…まぁ、たまには良いかもしれないね…いつも(二股がばれた彼氏役等)よりはましだしね…」

「ではにいさま?一度外に出てください」

「良いというまで入ってはダメですよ?あにさま?」

「わかってるよ。…それじゃあ?準備ができたら呼んでくれ」

「はいっ!にいさま、楽しみにしてくださいね?」

「今日は久しぶりなので、しっかりと甘えさせてもらいますね?あにさま」

そう言って双子姫はそろってウインクしてくる。

「りょうかーい」

俺はそれを後ろ目に、部屋から出た。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ミズナシアシナシイモリ

    ←小説書いてみたいけど内容が浮かばない人
    きっとこれから食べ頃になる

    0
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    ……妹いらないwww

    0
  • ばど

    ひらがなで書いてあるのが幼さを表現してていいッ!

    1
  • リスキー

    リアルおままごとだァァァ

    5
コメントを書く