これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年おままごとをする

「それではにいさま?」

「それではあにさま?」

「「入ってきてください」」

部屋を出てからしばらくして、妹たちから声がかかる

「入るよ?」

僕はそう声をかけてから、扉を開けて中に入る。

「そこはただいまではないのですか?にいさま」

「やり直しを要求します。あにさま」

「え?いや、その…もう始まってたのか?」

「そのとおりです、にいさま」

「油断は禁物なのですよ?あにさま」

「それはすまなかった。…入り直せばいいのかな?」

「よろしくお願いします。にいさま」

「よろしくお願いします。あにさま」

「わかった。それじゃあ、一回出るね?」

僕はやり直しのために、もう一度部屋から出る。

「入るよ?良いかな?」

「どうぞです、にいさま」

「今度は間違えないでくださいね?あにさま」

「わかってるって。…ただいまぁ」

僕は、返事をしてから扉を開ける。
するとそこにいたのは…

「裸エプロン…だとっ」

双子姫のエプロン一枚しかまとっていない姿だった。

「ちょっと待ってくれ…何故にそんなマニアックなものを?」

「ははさまから聞きました。にいさまがた男性が喜ぶ姿だと…」

「かあさまいわく、伝家の宝刀らしいですよ?あにさま。」

「いや…たしかに、裸エプロンは魅力的だと思うけれど…」

「似合いますか?にいさま?」

「どこか変ではないでしょうか?あにさま?」

「全然大丈夫っ!って問題はそこじゃなくて、そもそも前提が間違ってるでしょ!?」

そう。
僕たち兄妹は、まだ3歳なのだ。
裸エプロンこんなかっこうは、3歳がしていい格好ではない…と思う。

「セリエル母上は何を考えているんだ…」

「ダメでしたでしょうか?にいさま…」

「あにさまの好みとは違ってしまったのでしょうか…」

しまった!ミラとミナが泣きそうになってしまった!

「大丈夫!似合っているし、僕の好みにドストライクだからっ!二人ともスゴくかわいいよっ?」

「にいさま…良かったです」

「うれしいですっ。あにさま」

「あぁ…うん。それならそれでいい…のかな?」

「それではにいさま?」

「それではあにさま?」

「「お風呂にしますか?ご飯にしますか?それとも…私にしますか?」」

「ダウトー!それはだめです。っていうか、意味分かってるの!?」

「意味など知りませんよ?にいさま」

「これもかあさまから教わったのです。あにさま」

「本当に、セリエル母上は何を考えているんだ…」

「ダメでしたでしょうか?にいさま?」

「ダメでしたでしょうか?あにさま?」

「いや、その…ねぇ?ダメでは…ないのかな?よくわからなくなってきたよ…」

セリエル母上は、本当に何を考えているんだろう?
僕のことをどうしたいんだ?
近親相姦でもさせたいのだろうか?

「それではにいさま?」

「それではあにさま?」

「「お帰りなさいのキスをさせてくださいっ」」

続いたその言葉に、今度こそ僕はダメになりそうだった。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 華羅朱

    ダウトではなく
    アウトでは?

    0
  • 東雲さん

    「ダウト」って「疑う」とかそういう意味ですよ。あえて「ダウト」にしているならごめんなさい。

    1
コメントを書く