これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年名付けられる

やぁみなさんこんにちは。
もしくはおはようございます。
さらにもしくはこんばんは。
前回転生させてもらい、この新しい世界に誕生したわけだが…
つい先日、産まれてから3日目だったかな?
初めて母から名前を呼ばれたんだ。
どうやら僕の名前は

「ブレイブ・ランネット」

というらしい。
家名はどうやら「アースグレイズ」というらしく、僕はアースグレイズ王家の第三王子らしい。
上には2人の兄と、3人の姉がおり、下にはつい昨日産まれたばかりの双子の妹がいるらしい。

らしいというのは、まだ自分で動けないのでしょうがないだろう。
なんせ産まれてからまだ3日であり、普通ならこんなふうに考えることすらできないはずなのだから。

現在わかっている事の一つに、僕は純粋種という特殊な存在として産まれてしまったらしい。
ということがある。

この純粋種というのは、同じ種族同士の間に産まれる他とは隔絶した能力を持っているらしく、僕が神様に願った

「両親共に人間」

という内容は、実はものすごく特殊なことらしかった。

この世界では、主に異種族間で子供をつくる。
異種族間の出生率…というより、子供ができる確率が99%なのに対し、なんと、同種族間の子供ができる確率が、わずか1%しかないらしい。
この1%とというのは
「100人に1人」や
「100回に1回」ではなく、
文字通りに1%なのだそうだ。
つまり、僕が産まれたのは、まさしく奇跡みたいな確率ということになる。

(そんなつもりはまったくなかったんだけどなぁ…)

「ブレンくーん?ご機嫌いかがでしゅかぁ?」

どうやら父である「ラルセイ・グルー・アースグレイズ」がやってきたようだ。

「オギャア、オギャア」

(やはり、喋れないのはつらいな。…この赤ちゃん言葉はなんとかならないのだろうか?)

「よちよち。元気でしゅねぇ?ママの抱っこは気持ちいいでしゅかぁ?」

「オギャア、オギャア、オギャア」(確かに気持ちいいな。ころが母のぬくもりというやつかな?)

そう。
現在…というか、産まれてからずっと、僕は母に抱かれている。
それは、母が寝るとき以外ずっとそうであり、とても心地よいものである。

「そうでしゅか。気持ちいいでしゅか。よかったでしゅねぇ?」

「オギャア、オギャア」

「あなた?そんなに話しかけても、まだ反応なんてかえせませんわよっ。ねー?ランネット?」

この僕のことを「ランネット」と呼ぶ母の名前は「ナイトメール・ナイトメア・アースグレイズ」といい、この国最強の魔法使いらしい。

「オギャア、オギャア、オギャア」

(たしかに。なんの反応も返せないのは、少しつまらないな…)

「ランネット?そろそろまた眠りなさい?あなたはまだ産まれてから数日しかたってないのだから…」

「そうだな。よく休み、よく育てよ?ブレン」

「オギャア、オギャア」

(確かに少し眠くなってきた。このまま、母の腕の中で眠らせてもらおうか)

「あなた?ランネットはもう眠いみたいですし、妹たちの様子を見に行ってあげたらどうかしら?」

「そうだな、では行ってくるよ。ブレン、お休み」

「オギャ?オギャア」

(おやすみなさい、父上。妹たちによろしくです)

「ではまたな?ブレン、ナイトメア」

そう言って父は部屋から出て行こうとする。

「えぇ、また後で、ですね。あなた」

その後ろ姿に母が声をかけ、僕の意識はそこでとぎれた。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く