これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣

inten

少年喋れるようになる

やぁみなさんこんにちは。
もしくはおはようございます。
さらにもしくはこんばんは。

これがお決まりになってきてるけど、気にしないでくれ。
挨拶が大切だと思うがゆえの、全部いうという手段だからね。

さて、前回から約3年がたった現在、僕は喋れるようになり、歩けるようにもなった。
歩けるようになった現在僕は、1日をよく図書館で過ごす。
はやくこの世界の知識をつけたいからね。
それに、魔法も使いたい。
母に教われば良いじゃないかと思うかもしれないが、それはできない。
なぜなら、この国で魔法を使ってもいいのは、6歳以上と決まっているんだ。
この決まりは王族だからこそ破ることができず、今は知識のみをたくわえている…というわけだ。

「なるほど…やはり、この世界はおもしろいな」

今日も今日とて僕は図書館で本を読んでいる。
すると、そんな僕を扉のところに隠れながらじーっと見つめる視線を感じる。

「にいさま、今日もご本読んでる…」

「あにさま、私たちと遊んでほしいの…」

どうやら視線の主は、双子の妹だったらしい。

「ん?ミラにミナか。少し待ってくれ、今そちらに向かう」

僕は本をしまってから、妹たちの方に歩き出す。
ちなみに、僕のことを「にいさま」と呼ぶのがミラで、僕のことを「あにさま」と呼ぶのがミナである。
ミラとミナは双子であり、種族は吸血鬼と人間のハーフである吸血鬼だ。
ミラがお姉さんでミナが妹になる。

「ありがとうなの、にいさま」

「ありがとうです、あにさま」

双子の妹のところにたどり着いた僕に、妹たちが頭を下げる。

「さて?なにして遊ぼうか?ミラとミナはなにがしたい?」

「おままごとがしたいです、にいさま」

「ミラとミナがお嫁さんです、あにさま」

「そうか…それじゃあ、僕の部屋でやろうか?」

「いいえにいさま、今日はミラの部屋で遊びましょう」

「ミナと一緒に、ミナのお部屋で遊びましょう?あにさま」

「そうか?…わかった。なら、さっそく部屋に向かおうか?」

「えぇ、にいさま。行きましょう」

そう言ってミラが、僕の右腕にからんでくる。

「えぇ、あにさま。遊びましょう」

そしてミナが左腕にからんでくる。

「2人とも、歩きにくいよ?」

両側から抱きつかれ、少し歩きにくい。

「いいえにいさま?エスコートしてください」

そう言ってミラが寄りかかってくる。

「ミラとミナをしっかり連れてってくださいね?あにさま」

ミナも反対側から寄りかかる。

「わかったよ。それじゃあ行こうか?」

そう言って僕は、頑張って2人をつれて歩き出した。

「これが純粋種である人間の力………ってこんなの僕のぞんでないよぉ(泣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    妹は転生者なのか?言語レベル高いような…

    2
コメントを書く