欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

夏休みと修行の日々⑫| チームメンバー内総当たり戦⑨

欠陥魔力騎士90

夏休みと修行の日々⑫ チームメンバー内総当たり戦⑨

「よろしく頼むぜ、大和光」

「こちらこそよろしく、陵君」

 フィールド内の開始位置で、陵君と大和さんが向かいあう。

「双方、準備はよろしいですか? それでは開始します」

 5、4、3、2、1………Let's GET yourself(レッツゲット……ユアセルフ)!!

「先手必勝ッ!! 銃操無限弾じゅうそうむげんだん!!」

「我流、外道流……蜃気牢ッ!!」

 カカガガガガガッ!!
 激しい銃弾の発射音と反射音。
 大和さんが放った大量の銃弾。
 それを陵君は、大和さんの周囲に牢獄となるような反射フィールドを作り出すことで対抗したのだ。

「……やるわね」

「そっちもな」

 先手をかわされた大和さんは、今の見たことのない技に対し警戒。
 それゆえに次の行動へと移りにくくなった。
 対して陵君は、今のやり取りから大和さんに意表を突くような新技が無いと予想。
 決めにいくための魔力を高める。

「今度はこっちからいくぜ? 我流、外道流……八相陣はっそうじんッ!!」

「なッ!?」

 陵君が技を発動すると、陵君の姿が消える。
 と思った次の瞬間には大和さんを八人の陵君が囲っており、一斉に襲いかかる。

(やられる……ッ)

 予想すらしていなかった攻め方をされ、完全に決まってしまう受け方をとろうとした大和さんは、その瞬間ついに至る。

「………………」

「これで決め……ッ!?」

 陵君の動きがすべてわかっているかのごとき、紙一重の回避の連続。
 八対一にも関わらず、陵君の方が翻弄され始める。

「そこまでッ!! 勝者大和さん」

 ついには八人いた陵君はすべて倒され、僕は大和さんの勝利を宣言した。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く