欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

夏休みと修行の日々⑩| チームメンバー内総当たり戦⑦

欠陥魔力騎士88

夏休みと修行の日々⑩ チームメンバー内総当たり戦⑦

「さすがね。完敗よ」

「大和さんこそ、さっきのは驚かされたよ」

 フィールドを消したことでもとに戻った大和さんを起こしながら、僕は先ほどの技への感想を言う。

「そう? なら良かったわ。次はもっと驚かせた上で勝ってみせるわよ」

「それは楽しみだ。お手柔らかに頼むよ」

 僕と大和さんはそのまま拳をぶつけ合うと、それぞれの椅子へと戻った。

………………
…………
……

「さてと、それじゃあ次の戦いだ。続けてになっちゃうけど、大和さん。そして相手は美龍だ」

「了解よ」

「かしこまりました」

 次の対戦カードは大和さんVS美龍。
 ここ数日毎日手合わせをしている彼女たち。
 お互いの呼吸はわかっているため、どちらがうまくはずせるかが見所だろう。

「それでは総当たり戦第七戦を開始します。双方、よろしいですね?」

「もちろん」

「いつでもどうぞ」

 開始位置で向かい合う二人。
 大和さんは千変万化を大剣の状態で中断に構え、美龍は刀を上段に構えて開始を待つ。

「それでは開始します」

 5、4、3、2、1………Let's GET yourself(レッツゲット……ユアセルフ)!!

「我流、天通流……夜魔打乃大蛇斬やまたのおろちぎりッ!!」

「千変万化、限界突破一限げんかいとっぱいちげん……幻夢げんむ集束せし魔力光の剣エクスカリバーッ!!」

「って、すとぉぉぉっぷ!!」

 互いが放とうとしている技の威力を察知した僕は、技と技がぶつかり合う真ん中でカートリッジをフルロードした半絶を放って相殺。
 フィールドをすぐに解除し、二人の戦いを無理矢理止めた。

「美龍、二回目だよ? 大和さんだって、さっき美龍に怒ったのを見てただろう?」

「ごめんなさい」

「すみません」

 二人を椅子のそばで正座させ、僕はお説教をする。

「いいかい? そもそもフィールドとは……」

 そのまま数分にわたり説教をした僕は、二人の正座をとくと、次の対戦相手を告げる。

「と言うことで、次の戦いだ。西城君と陵君で行うよ」

「おしっ」

「望むところ」

 僕は次の二人を指名すると、大和さんと美龍を椅子へと座らせてから安月あつきさんへと合図した。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く