欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

夏休みと修行の日々⑦| ランチタイム

欠陥魔力騎士85

夏休みと修行の日々⑦ ランチタイム

「それじゃあここら辺で、お昼にしようか」

「用意はすでに終わっております。どうぞ皆様食堂へ」

 時間的に丁度良いと思っての発言だったが、流石は大和さんつきのメイドさん。
 すでに昼食の準備か終わっているとはね。

「確かに。お腹すいたわね」

「ご主兄様がおっしゃるのでしたら」

「俺も腹へったわ。助かります、安月あつきさん」

「あざまーっす」

 皆もお腹がすいていることに気がついたようで、お腹をさすったりしている。

「それじゃあ食堂へいこう」

 僕らは昼食を食べるために食堂へと向かった。

………………
…………
……

「この後も総当たり戦を続けて行うようなので、軽めの食事といたしました」

 食堂につくと、夕顔さんがテーブルにならぶオードブルやサンドイッチ等と共に出迎えてくれた。

「ありがとうございます」

「夕顔、ご苦労様」

「美味しそうです。ご主兄様が気に入るようでしたら、後でレシピを教えてくださいませ」

「お疲れさまです。いただきますね」

「ごちになりやーす」

 それぞれがそれぞれに感謝を伝えると、割り振られている各自の席へとつく。

「それじゃあ食べよう。いただきます」

「「「「いただきます(わ)」」」」

 声を揃えて食べ始める僕ら。
 僕はまずは主食からと、タマゴサンドへと手を伸ばす。

「うん、美味しい」

 タマゴは角切りにされ食感が残っている部分と、しっかりと潰されてソースと混ぜられたなめらかな部分が絶妙にかさなりあい、互いを高めながら美味を奏でている。

「夕顔、さすがね。今日も美味しいわ」

「塩加減なども絶妙ですね。やはりレシピを教えていただけますか?」

「んぐ、んぐ、ぷはぁ。やっぱめっちゃうめぇっ」

「んぐんぐ、うまうま。サイコーだぜ」

 女子二人は僕と同じくサンドイッチから手をつけており、逆に男子二人はオードブルから手をつけている。
 僕もサンドイッチから一旦離れ、オードブルに手を出すことにした。

(まずは無難に唐揚げからにしよう)

 僕はお箸で唐揚げをつかむと、少しマナーが悪いがそのまま口へと放り込む。

「……うん。とても美味しい」

 外はサクッ、中はじゅわぁ。
 熱々を口に頬張ったのに、火傷しない程度の温度加減。
 肉の旨味をこれでもかと楽しめるその唐揚げは、驚いたことにタレに漬け込まれていない。
 臭み取りだろう生姜などの風味は感じるが、タレ特有と味の濃さをまったく感じない。
 それでいてあふれでる肉汁により旨味が不足していると言うことがなく、まさにシンプルイズザベストと言う言葉が相応しいだろう。

(次はローストビーフに手をつけてみよう)

 唐揚げを何個か堪能した僕は、次の標的をローストビーフへとうつす。

「……っ!? ほとんど噛んで無いのに溶けてしまった!?」

 食べ盛りの僕ら男子のためだろう、分厚く切り分けられているそれは、口に入れて噛んだ瞬間から旨味の激流となり僕を襲う。
 分厚さに違わぬ噛みごたえのあるその肉は、しかし噛む度に旨味を出して消えていく。
 後には圧倒的な旨味の名残だけが残り、それが次の肉を求めさせる。

(こんな料理を毎日食べれる人は、本当に幸せだろうな)

 僕らは心から昼食を楽しみ、少し食休みをしてから総当たり戦の会場へと戻った。



「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く