欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

夏休みと修行の日々⑥| チームメンバー内総当たり戦④

欠陥魔力騎士84

夏休みと修行の日々⑥ チームメンバー内総当たり戦④

「それではこれより、総当たり戦第四戦を開始します。双方準備はよろしいですね?」

「もちろん」

「問題ねぇぜ」

 相対するは、僕と陵君。
 心地よい緊張感に包まれ、僕は意識を深く沈める。

「それでは開始します」

 5、4、3、2、1………Let's GET yourself(レッツゲット……ユアセルフ)!!

天通流あまつりゅう無手の型むてのかたッ」

窮鼠猫を噛む特異点ジャイアントキリングシンギュラリティ

 互いに初手からの全力。
 僕はこの試合、陵の技を力で破ると決めていた。

「いくよ、陵君。どんな相手でも打ち破る一撃……。それをここで見せよう」

「上等ッ。破れるものなら破って見やがれッッ!!」

(ゾーンを深くし、陵君の技を視認する)

 まずは前準備として、ゾーンを発動して陵君の技の影響範囲ん確認する。

(さすがだ、もう自分の周囲を半径10メートル以内に踏み込んだものを対象とできるまで進化している……)

 僕が視認したのは、陵君が発動している窮鼠猫を噛む特異点ジャイアントキリングシンギュラリティの影響範囲。
 大会で使っていた時は、まだ半径7メートルだったはず。
 今日までの鍛練により、ここまで進化させたのか。

(僕がここから三歩踏み込んだなら、そこはもう影響範囲。でも問題ない。三歩あれば十分だ)

「それじゃあいくよ? これが僕の……必殺技フィニッシュアタックだ!!」

 一歩で全力。
 二歩で全開。
 三歩ですべてを置き去りにする。

「天通流無手の型、終演歩方しゅうえんほほう……絶時ぜつじ

 ただ通りすぎただけで、何もされてないように見えるが、僕は確かに陵君を斬っていた。

「何をしやが……ぐはっ」

 ゆえにそれに気づかずに振り向こうとした瞬間、陵君の傷が開いて血を吹き出す。

「しょ、勝者、天通限無様」

「認識したものを反転させるなら、認識されない速さで切ればいい。これが僕の切り札の1つ。終演絶時だよ」

 速度を極めた技であり、三歩で光を越える。
 発動と同時に時が絶える。
 それゆえに絶時。

「なるほど、な。なら今度は、その技さえ越えてやるよッ」

 フィールドが解除されたことで傷がなくなった陵君が、僕に向かって宣言する。

「楽しみにしているし、信じてるよ」

 僕はそれに笑みを返し、椅子へと戻った。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く