欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

夏休みと修行の日々④| チームメンバー内総当たり戦②

欠陥魔力騎士82

夏休みと修行の日々④ チームメンバー内総当たり戦②

「両者、準備はよろしいですね?」

「もちろんですわ」

「問題ねぇぜ」

 総当たり戦二戦目、陵君VS美龍。
 フィールド内で向かい合う二人は、やる気にみちていた。

「それでは開始します」

 5、4、3、2、1………Let's GET yourself(レッツゲット……ユアセルフ)!!

天通流一指あまつりゅういっし指旋突しせんとつ……れん

窮鼠猫を噛む特異点ジャイアントキリングシンギュラリティ

「ッ!?」

 美龍の牽制に対し、陵君は初手から全力で倒しに来た。
 第一の切り札である窮鼠猫を噛む特異点ジャイアントキリングシンギュラリティ
 これにはさすがの美龍も驚いたようで、対応が一手遅れる。

「天通流十指創解そうほどき絶突だちとつッ」

「無駄だッ、そのまま返すぜ!!」

 陵君の窮鼠猫を噛む特異点ジャイアントキリングシンギュラリティは、自らより強い技を操れる。
 それは当然美龍の技も例外ではなく、彼の発動している空間内に入った瞬間、絶突は跳ね返ると思われた。

「ッ!? 何をしやがった!?」

 しかしその結果は訪れず、陵君は跳ね返らなかった絶突を慌てて防ぐ。

「簡単なことです。あなたのその技も、あくまで魔力をもとにしたもの。その魔力効果を半絶で相殺し、指旋突だけを届かせたのです」

「マジかよ……流石だぜ。だがこれならどうだ? 窮鼠猫を噛む特異点ジャイアントキリングシンギュラリティ限界突破無限の理アンリミテッドオーバードライブ

 陵君の第二の切り札である窮鼠猫を噛む特異点ジャイアントキリングシンギュラリティ限界突破無限の理アンリミテッドオーバードライブ
 これは自らの周囲を空間ごと支配し、すべてを操る技だ。
 しかしこの技の有効範囲は狭い。
 ゆえに陵君は接近戦へと瞬時に移った。

「オラオラオラァッ!!」

「ッ、ッ、ッ!!」

 互いに魔力技を用いない、純粋な剣術のみの戦い。
 もともとの技量が高い陵君が、だんだん美龍を押し始める。

(そろそろだな)

「そこまでッ!! 二戦目終了だよ」

「なっ!?」

「ッ!?」

 もう少しで美龍が倒されると言うところで、僕は二人の戦いを終わらせる。
 無理矢理間に割って入った僕は、左右の手で陵君と美龍の武器を押さえ込み、そのまま押して二人の距離を離した。

「なんだよ限無。もう少しで勝てたのによぉ」

「うん。勝敗は明らかだった。だけど後一歩陵君が踏み込んでいたら、美龍が爆発しそうだったからね」

 今の戦いは最初から全力を出した陵君の勝ちだ。
 自分より弱いと陵君をなめてかかった美龍には、とても良い薬になっただろう。

「い、いえ、そんなことは」

 僕の心を読んだのか、美龍は恥ずかしそうに俯く。

「それじゃあ次の試合だ。西城君と大和さん。お願いできるかな?」

「もちろんよッ」

「任せておきな」

 僕が三戦目の組み合わせを告げると、座っていた場所へと戻った。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く