欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

夏休みと深まる謎⑩| トーナメント優勝特典旅行⑩

欠陥魔力騎士77

夏休みと深まる謎⑩ トーナメント優勝特典旅行⑩

「お疲れさま。よくやってくれたね」

「仕事ですから、最善は尽くしますよ」

 十五分もかからずに仕事を終えた僕は、報告のために満器さんの父……満器彼方みつるぎかなた氏のもとへと戻っていた。

「まさか、可憐さんが次代の巫女姫とは思ってもいませんでした。力があるのはわかっていましたがね」

「次の統一王となる世継ぎを産む巫女姫に、我が娘が選ばれたのは光栄なことだよ」

 ここで言う巫女姫とは、統一王の次に強いものを指す。
 つまりは彼女……満器可憐こそが、いずれ統一王の頂に届くと言うことだ。

「ならばこそ、彼女を僕へと近づかせる事は控えるべきだ」

「………………」

 僕の役割は反逆者。
 いずれコーディネーターの中で反逆し、統一王の力を見せつけるための贄となる存在。
 ただで統一王に負けてやるつもりは無いが、負けることは決定事項なのだ。

「身内贔屓と思われるかもしれないが、私は娘を……娘の眼を信じている。娘が君を王子さまと呼ぶのなら、僕は統一王ではなく君につくよ」

「ッ!?」

 統一王ではなく僕につく? それはつまり、反逆者の仲間として一緒に処分されることを意味する。

「それはダメだッ!! 僕は……僕は、負けるために存在しているのだから……」

「君がそう思っているなら、そうなんだろうね。君の中ではね」

「どういう……意味ですか?」

 統一王とは最強の存在だ。
 僕よりも前に気力に辿り着き、その力でこの世界を統一した者。
 そんな存在に僕が勝てるわけが……

「古き時代から統一王のサポートをしてきた我が家から君に、1つアドバイスをしよう。……統一王も人間だ。そして統一王とは強さこそ総て。つまり、君がもっと強くなればいいだけのことなんだよ」

「…………ッ!!」

 それはつまり、僕が新たな統一王になる……と言うことだろうか?

「少なくとも、巫女姫である我が娘は君を選んだ。彼女は統一王に会った事があるのにも関わらず、だ」

(そんな、まさか)

 それはつまり、彼女は本当に統一王ではなく僕を選んだと言うことだ。

「つまりはすべて、僕次第……と言うことですか?」

(僕が統一王よりも強くなる。そんなことが本当に可能なら……すべての問題は解決する)

「私の方でもサポートをしよう。他の者がついてくるかは、今後の君次第だがね」

「わかり、ました」

 僕はその言葉に強く頷くと、部屋をあとにした。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く