欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

夏休みと深まる謎⑥| トーナメント優勝特典旅行⑥

欠陥魔力騎士73

夏休みと深まる謎⑥ トーナメント優勝特典旅行⑥

「それじゃ、次の所に行こうか。夢穂みずほのガイドってことは、滝と湖は見たんだよね? だったら次は、夕陽ヶ岳渓谷ゆうひがだけけいこくが時間的にぴったりだと思うんだ」

「よろしいと思いますわ。今の時間から向かえば、ちょうど綺麗な夕陽を拝めるはずです」

「うんうん。それじゃ、レッツゴー」

 ガイドさんと二人で行き先を決めると、少女……満器可憐が僕たちを先導するために歩き出す。

「少し歩くんだけど、皆さんなら大丈夫だよね?」

「俺は大丈夫だ」

「俺も大丈夫だぜ?」

 少女の問いかけに、西城君と陵君が肯定を返す。

「そちらのお姉さんたちは大丈夫?」

「まぁ、大丈夫っちゃ大丈夫なんだけど……」

「わたくしも問題ありませんわ」

 大和さんも美龍も大丈夫なようだ。
 なら僕も……

「それでは行きましょう。ついてきてくださいね」

「ってあれ? 僕には聞いてくれないのかい?」

 四人から肯定の返事を受けとると、少女はそのまま歩き出す。

「何をおっしゃいますか、僕の王子さまなら、僕についてきてくれるに決まっています。無駄な確認ってやつですよ」

(なるほど、こういう子か)

「それはすまなかった。それじゃあよろしく頼むよ」

 僕は少女にウインクすると、少女の後ろを歩き出す。

(大人ぶっていても、まだまだ見た目通りの少女ってわけだな)

 僕は彼女への評価を定めると、どう対応しようかと考え始めた。

………………
…………
……

「つきました。ここが夕陽ヶ岳渓谷です」

「これはまた……」

「あぁ。こりゃすげぇ……」

 たどり着いた夕陽ヶ岳渓谷の景色に、僕らは思わず息を飲む。

「ここは別名、夕陽のエンゲージリング。ここで将来を誓った男女は、幸せになれるって僕が決めたんだ」

「すごい。この世のものとは思えないくらいに綺麗……」

「とてもロマンチックな景色ですわね……。時を忘れてしまいそうです」

 目の前にはちょうど夕陽に変わる空があり、その夕陽が渓谷の両崖上の真ん中に見える。
 まさしく夕陽のエンゲージリングと言える光景に、僕らは暫し本当に時を忘れた。

………………
…………
……

「そろそろ夕飯に間に合わなくなりますよ? 帰りましょう」

 満器さんのその声に、僕らは現実へと戻ってくる。

「できれば最後まで見ていたかったがな……」

「あぁ。柄にもなく見入っちまった」

 どれだけの時間が過ぎたかわからなかったが、夕陽は崖の中の隙間を半ば以上に降りており、今はちょうど渓谷の真ん中少し下に鎮座している。

「陽が沈むまで見ていたかったけど、仕方ないわね」

「わたくし、感動いたしましたわ。今日のこの日を永遠に忘れません……」

 とても名残惜しいが、ホテルの夕飯をレストランで食べるには制限時間リミットがある。

「また来よう。来年も……そのまた次も」

 僕はこの景色を深く胸に刻むと、この記憶を共有できた仲間に感謝し、夕陽ヶ岳渓谷を後にした。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く