欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

夏休みと深まる謎④| トーナメント優勝特典旅行④

欠陥魔力騎士71

夏休みと深まる謎④ トーナメント優勝特典旅行④

「そういえばだけど、少し調べてみたのよね」

 湖へ向かう途中、唐突に大和さんが近接チャット ──近距離専用の個人またはグループチャット── で話し始める。

「大和さん、主語が抜けていましてよ? 何をお調べになられたのですか?」

「あっ、ごめんなさい。限無の気力について、調べてみたの」

「えっ?」

 僕はいきなり出てきたその単語に、思わず驚く。

「限無ってさ、もしかして……いいところのお坊っちゃんだったりしない?」

「ほへっ?」

 続く質問に、僕は訳がわからずすっとんきょうな声をあげた。

「それは無いはずだよ。僕の父は会社員だし、母は専業主婦だ。ただ、今の戸籍は天通家に入っている形になっているはずだから、お坊っちゃんと言えなくもないのかな?」

「そうですわね。ご主兄様は、普通の家庭で育てられていましたわ。わたくしのところで引き取る際に、しっかりと調べさせていただきましたから……」

「そうなの? ならどうしてなんだろう……」

「何かございましたか?」

 美龍のその言葉に、大和さんが少し躊躇う。

「いやね、気力を調べた時に、一緒に限無についても調べてみたのよ……」

「あらあら。大和さんってば、ひょっとして……ストーカーだったの?」

「失礼なッ!! 前に限無から話してもらった事の裏をとっただけよ」

 真っ赤になりながら声をあらげる大和さんだが、その声には覇気がない。

「どうかしたの? 何か問題でも?」

 何故かはわからないが、大和さんのその姿に心がざわつく。

「トップシークレットだったのよ……」

「ッ!?」「なんだって!?」「ハァ!?」「…………」

 現代でのトップシークレットとは、そのままイコール統一王にまつわる事となる。

「気力がトップシークレットなのは、まだ理解できるわ。だけど限無は……」

(バレてはいないようだけど、注意が必要だな)

 僕が統一王に関係のある存在という事実は、僕がトップシークレットとなっていることから判明してしまった。
 大和さんから告げられたその言葉は、湖につくまでの僕らに沈黙をもたらした。

………………
…………
……

「つきました。ここがこのリゾート最大の湖、『女神の涙』です。この湖だけで、このリゾートに必要なすべての水を賄っています」

「うわぁ……」

「大きい……ですわ」

「すごいっ、向こう岸が見えないや」

 一見海と見間違わんばかりの湖の大きさ。
 湖面にはまわりを囲む山がうつり、自然の雄大さを示している。

「潜ってみてぇなぁ……」

 唐突に西城君がそう呟く。

「申し訳ありません。この湖は遊泳禁止ですので……」

 ただの呟きだったのだが、静けさゆえによく響き、ガイドさんに釘をさされる。

「俺は後で絵にさせてもらうぜ」

 陵君もとても気に入ったらしく、後で記憶再生紙 ──降れた者の記録したい記憶を絵として写し出す紙── に記録しても構わないかをガイドさんに確認していた。

「それでは皆様、次の場所へと案内いたします」

 しばらく各々で湖を眺めていた僕らは、ガイドさんの声で集合。
 次の目的地へと歩き始めた。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く