欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

夏休みと深まる謎③| トーナメント優勝特典旅行③

欠陥魔力騎士70

夏休みと深まる謎③ トーナメント優勝特典旅行③

「今日は山に行ってみましょう?」

「正確には、山の中の滝や湖……ですわね」

 さすがにお昼ご飯の時間ということで、僕らはなんとか正座から解放された。
 そして多少痺れる足を引きずってお昼を食べ、午後の予定をどうしようか考えていた時、大和さんと美龍がそう提案してきた。

「海もそうなんだけど、山の方もここの名物なんだって」

「森林浴……とまではもうしませんが、山の気を取り込んでおきたいですし……。どうでしょうか?」

「いいんじゃないかな? 僕は賛成だよ」

 昨日の遠泳などで海は楽しんでいたので、この申し出はありがたい。
 美龍の言う通り、ここの山には竜脈も通っている。
 自然ではなく超自然……つまりは山に満ちるエネルギーを取り込むのはとてもいい修行にもなるだろう。

「俺も問題ないぜ。そっちがいいなら、よろしく頼むわ」

「誘ってくれんのはありがてぇが、俺らもいていいのか?」

 西城君と陵君は、なぜか遠慮ぎみにそう答える。

「問題ないわよ。今日はガイドさんにお願いしてあるから」

「やはり観光は、その場のプロにお願いするのが一番ですから。ホテルで手配してもらいました」

 なるほど……それなら全員で行けば、とてもいい思い出になるだろう。

「それじゃ、準備してから集合しよう」

 僕らは頷き合うと、部屋で準備してから集合し直す事にした。

………………
…………
……

「こちらがこのリゾート地で一番大きな滝、『ナイアガラ』です。高さは126mで横幅は56m。この上がこれから向かう湖となっております」

「すごい……」

「素晴らしいですわ……」

「うん……。とても見事だ」

 集合地点であるホテルの前から歩いて数十分。
 たどり着いた「ナイアガラ」という滝は、とても雄大でエネルギーに満ちていた。

「実はこの滝の裏が洞窟になっておりまして、昔は修行と称して滝に突っ込む方がおられたそうです」

「ほへぇ……そりゃ楽しそうだ」

「腕がなるってか?」

 確かに、これだけ大きな滝の中を進むのはいい修行になりそうだ。

「しかし、現在は禁止されております。洞窟へは後でご案内いたしますが、別の入り口がございますので」

「少し残念だわ」

「わたくしは安堵いたしました」

(僕は少し残念かな……)

 たしかに、その修行が危険な事も理解できる。

「「「「「………………」」」」」

「それではここらまた歩きまして、湖の方へと向かいます」

 しばらく滝の圧倒的な姿に心奪われていた僕らは、ガイドさんのその声で現実へと戻り、湖へと向けて歩き出した。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く