欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

学年無差別トーナメント⑮| 決勝戦⑥天通美龍VS流鏑馬陵

欠陥魔力騎士64

学年無差別トーナメント⑮ 決勝戦⑥天通美龍VS流鏑馬陵

「チーム反転の星のレンジャーである金瀬光かなせあき選手さえも瞬殺した天通美龍選手ッ!! 残るは反転の星のエース、流鏑馬陵選手のみ。これは盛り上がって参りましたッ!!」

「現在フィールド内には両チームのリーダーを含めて八人の選手が存在している。しかしその内四人……チームグリットのフォワードである陵君とレンジャーの大和君。チーム反転の星のミドルスである中島君とレンジャーである金瀬君。この四人が戦闘終了までに復帰できるかも見所だろう」

「今、両チームのエースが対峙しました。激しい戦いが予想されますッ!!」

「恐らくここでの決着が、そのままこの決勝の行方を決めるだろう」

「Let's GET yourself(レッツゲットユアセルフ)。互いの全力を出しきってほしいですね」

────────────────────────

「あなたを倒せばすべてが終わります。ご主兄様のために、排除させていただきますね」

「これは可愛いお嬢さんが囀ずってるね。僕に勝てるとでも?」

 確かに、対峙しただけでわかる圧倒的な強さ。

(けど、だからこそ……)

「相手にとって不足なし、ですわ」

「僕の方は不足だらけだけどね? 反転の星、発動ッ!!」

「ッッッ!?」

 流鏑馬先輩が反転の星を発動した瞬間、わたくしの意識が上書きされる感覚と、多大な不快感が心を満たす。

「この、てい、ど……」

 私はなんとかそれに耐え、流鏑馬先輩を睨み付ける。

「どこを見ているんだい? 僕はこっちだッ」

「ッ!?」

 わたくしが見ていた方向とはまったく違う方向からの攻撃に、ノーガードでくらってしまう。

「まだ、まだ……」

「だから、どこを見ているんだい?」

 再び認識していた方向とは別の方向から攻撃。
 わたくしは吹き飛ばされながらも受け身をとり、体勢を整える。

「やはり、正攻法では難しいようですわね……」

「何か手があるとでも?」

 できることなら、わたくし一人の力で勝ちたかった。

(ご主兄様……不出来な美龍をお許しください)

「申し訳ありません、ご主兄様。お力をお借りします。……感覚増幅共有レゾナンス、発動ッ!!」

「なっ……!?」

 感覚増幅共有を発動と同時に、ご主兄様の感覚にしたがって攻撃を行う。

「まだまだ、いきますッ!!」

 手持ちのカートリッジを使いきるつもりでの連撃。
 感覚増幅共有の制限時間である30秒にすべてを込める。

「これで、終わりですわッ!!」

「くぉぉぉぉぉッ!!」

(すべてを出しきった。これでもう、相手は……)

「いい夢、見れたかな?」

「なっ……ッ!?」

 わたくしがすべてを出しきり、その場に倒れふしたところで、流鏑馬先輩が現れる。

「いつ……から?」

「最初から、だよ? 君は終始、僕の反転の星の術中にいた」

「そん、な……」

「もうおやすみ、君たちの敗けだ」

(ご主兄様……)

 わたくしは悔しさに包まれながら、そこで意識を手放した。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く