欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

学年無差別トーナメント⑫| 決勝戦③陵陵子の敗北

欠陥魔力騎士61

学年無差別トーナメント⑫ 決勝戦③陵陵子の敗北

「なかなか面白い技を身に付けたようだね、陵陵子君?」

「流鏑馬……陵」

 僕をこの体にした憎むべき女。
 同時に、僕に先を示した尊敬すべき女。

「僕は本来、君ごとき雑魚を相手にしたくはないんだよね。来年からはプロリーグのトップを目指す身としては」

「僕が雑魚かどうか、存分に思い知らせてやるッ!!」

 まずは牽制として魔力弾を射出、同時に猫だましで懐に入る。

「もらったッ!!」

 僕の速さと力の前に、流鏑馬陵は反応もできずに斬られて倒れる。

「どう、だッ」

「どこに攻撃しているんだい?」

「ッ!?」

 背後から聞こえたその声に、僕は思わず振り返る。

「なん……で!?」

 そこには無傷の流鏑馬陵がこちらを見下ろしていて。

(なんで見下ろされて!?)

 気づけば僕は地面に倒れふし、流鏑馬陵を見上げていた。

「僕の反転の星リバーシステラはね? 認識して指定した対象を用いて発動する。以前君を女にしたのは、君に食べさせたモノを指定して使った」

「それが……どうしたッ!?」

 僕はなんとか立ち上がろうとして体に力を込める。

(動かないッ!?)

 しかし体はまったく動かず、反応すらしない。

「無理だよ。僕がコントロールしているからね」

「なん……だと?」

 僕は反転の星に対抗するために、窮鼠猫を噛む特異点ジャイアントキリングシンギュラリティを開発した。
 僕がそれを発動している限り、流鏑馬陵の反転の星は僕にはきかないはず……。

「今の君はおかしいって話をしているのさ。陵陵子君?」

 余裕の笑みを浮かべ、流鏑馬陵が語りかけてくる。

「どういう……意味だ!?」

 くくくっと笑いをこらえながら、流鏑馬陵が続ける。

「君に食べさせたモノは、ただのあめ玉だ。つまり君の体の中で溶けて消える。しばらくは残るように細工はしているが、一月以上も持つはずがない」

「……何が、いいたい?」

「君にかけた女になる反転の星は、もうとっくにとけているということだよ、本来ならね」

「ッッッ!?」

 どういうことだ? ならばなぜ、僕の体は女のままなんだ!?

「君、そんなに僕のことが怖かったかい?」

「ッ!? どういう意味だッ!!」

 確かにあの時、僕は……いや俺は、流鏑馬陵という女に恐怖をおぼえた。

「僕の反転の星には、明確な効果時間は存在しない。すべては相手の思い込みなのだから……」

「なん……だと?」

 ただのプラシーボ効果だとでもいいたいのか。

「僕の技は、相手の感覚をある程度操作できる技だ。万能でもないし、対策は可能。まったく完璧な技ではない」

「………………」

「だから今の君の状態は、そのまま君の弱さ……とりわけ心の弱さを示しているわけだよ。陵陵子君?」

「ッッッ!!」

 つまり僕は……戦う前から負けていた?

「ちくしょう……ちくしょうッ!!」

「はははっ。そんなに悔しがらなくてもいいよ? 君が弱くて、僕が強かった。ただそれだけのことだから」

「うわぁぁぁぁぁッッッ!!」

 僕はその現実に耐えきれず、涙を流して叫ぶ、叫ぶ、叫ぶ。

「それじゃ、そろそろお休みの時間だよ? さようなら、陵陵子君」

 流鏑馬陵のその言葉を最後に、僕は意識を手放した。



「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く