欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

インターバル⑤| 修練の成果と決勝に向けて

欠陥魔力騎士58

インターバル⑤ 修練の成果と決勝に向けて

「なんとかバレない範囲で勝てた……かな」

 今日の準決勝。
 僕が想定していた中で、陵さんの次に厄介な戦い方をする相手だったからだ。

「学生のトーナメントだから、公式アイテムを使うチームは少ないと思っていたし、実際準決勝まであたらなかった。だからこそ、ここで僕たちの切り札がバレる事は避けたかった」

 僕たちの切り札……それは、インカムとモニターをリンクさせ、それを僕が一括管理。
 離れた場所からゾーンを発動し、僕の把握範囲をそのままチームメンバーと共有する。
 チーム戦のトッププロが使用する感覚増幅共有レゾナンスの応用だ。

「後は予定通り、西城くんの防御を相手が破れなかった事も大きかったな」

 僕は西城くんとの修練の際、チーム戦公式アイテムの際大出力にも耐えられるように指導した。
 最大効率の魔力運用の練習は、そのまま彼がどんな攻撃でも「最低出力の晶壁」で防げるようになったことを意味する。

「明日の決勝戦。陵さんの反転の星リバーシステラは、感覚増幅共有と西城くんの晶壁で防ぐ。なるべくそのまま短期決戦でいきたいけども、陵さん以外のメンバーも強者揃いだ」

 チーム全員が個人戦上位ランカーなうえに、チームとしての連携力もある。

「個々の力でこちらが負けているとは思わないけども、相手は三年生。戦いに対する経験値が段違いだ」

 とても厳しい戦いになることはわかっている。
 場合によっては、美龍以上の切り札を切らなければならない。

「けれど一番大事なのは、陵君だよな」

 彼女、いや彼が自分を取り戻すための戦い。
 明日の結果……彼女が彼に戻るのか、彼女のままで彼に成るのか。
 はたまた彼女のままで突き進むのか。

「今回の僕は、サポート要員だ。明日は皆がしっかりと戦えるように努めよう」

 僕はベッドに横になると、様々なシミュレーションを頭の中で行ってから、寝ることにした。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く