欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

学年無差別トーナメント⑨| 準決勝は王道バトル③チーム力VS個々の連携力

欠陥魔力騎士57

学年無差別トーナメント⑨ 準決勝は王道バトル③チーム力VS個々の連携力

「リーダーから各員へ。わかっていると思うけど、今全メンバーが一ヶ所に誘導されている。各員は連携を忘れずに行動してくれ」

 準決勝開始から約5分。
 チーム戦の制限時間は十分。
 相手チームはここで決めに来るはずだ。

「ここが勝負の分かれ目だから、最悪それぞれの技を見せることを許可する。確実にそこで仕留めるんだ」

「西城了解。サポートに回るぜ」

 正しい意味でのチーム戦になった場合、西城君にはメンバー全員の守りを任せている。

「大和了解。トドメは任せて」

 大和さんは圧倒的火力による制圧が役目だ。
 確実に一撃で仕留めてくれるだろう。

「陵了解、です。道を作ります」

 陵君の能力は特殊で分かりにくい。
 それゆえ、撹乱とチェックメイトへの誘導がその本領。

「慌てず騒がず、確実に終わらせよう」

「「「了解ッ!!」」」

 指示を出すと同時にモニターを俯瞰視点で展開。
 僕は勝利の瞬間に備えつつ、モニターに集中した。

────────────────────────

「相手メンバーは檻に入りました。各個殲滅を開始してください。標的は西城、大和、陵の順です。よろしくお願いします」

「「「了解」」」

 今までに見せてきた罠は、あくまでも見せるためのもの。
 種類を多くし効果を少なくしたことで、相手は罠が罠とならないと思い込む。

「これで私達の勝利です」

 今回も私、波風津波なみかぜつなみの作戦通り。

(さぁ……存分に踊ってください。負けるまで、ね)

────────────────────────

「リンク完了。いくぜ、連覇晶壁ッ!!」

 インカムとモニターによるリンクを作り、把握範囲を拡大。
 大和と陵を認識したと同時に、俺を含めた全員に魔力による晶壁を纏わせる。

「って、最初が俺なのかよ……」

 晶壁をすべて纏わせる直前、背後から奇襲を受ける。
 同時に相手チームの残りメンバーが全員現れ、俺を囲む。

「西城から各員。敵は俺から潰すようだぜ。ヘルプよろしくッ!?」

 自分の分だけでも晶壁を纏わせ終わり、二人にヘルプを頼んだ瞬間を狙って、足元が爆発する。
 更に三人が前から同時に攻撃してきながら、左右からは竹槍、後ろからは丸太が飛んでくる。

「俺の晶壁をなめんなよッ!!」

 俺は前もって限無に教えれた通りの状況にほくそ笑みながら、晶壁に集中する。

「うぉぉぉぉぉッッッ!!」

 四方八方から止むことの無い攻撃。
 しかしそのすべては、俺の晶壁を傷つけられない。

「あんたらの手の内、俺らのリーダーはすべて読んでるんだよッ!! 陵ッ!! 大和ッ!!」

「リンク、完了。大和さん、どうぞ」

「対象掌握。天照の光で燃え尽きなさいッ!!」

 ドンッ!! ドンッ!! ドンッ!!

 3つの衝撃音と共に、相手チームの全員が倒れる。

「まっ、こんなもんだよな」

「勝者、チームグリットッ!!」


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く