欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

インターバル④| 修練の成果は劇的な変化④

欠陥魔力騎士54

インターバル④ 修練の成果は劇的な変化④

「結局、決勝まで隠しておくはずだった四人の実力を、その一欠片とはいえ見せることになってしまったな……」

 できることなら、決勝までは美龍だけでも隠しておきたかった。
 美龍はミドルスなため、どこかのポジションが倒れなければ出てこない。
 それゆえに、最後の最後……本当の意味の切り札としておきたかった。

「何故女の子は、あんなにも目立ちたがりなのか……」

 すべてを見せていないとはいえ、実力があるかわからない状態と、実力があるとわかっている状態では、相手の出方が全く違う。
 一度でも見せた技というのは、どうしても対策がされやすい。
 だからこそ、一回戦ではポジションすら偽ったのだ。
 美龍の技は、見たからといって対処できるかは別問題の力ではあるが、見せないのがベストだった。

「まぁ、切り換えるしかないよね……」

 明日の準決勝はこの大会の本当のダークホース。
 二年生ながらここまで価値残ったチームだ。

「ここで一度、初心に戻るべき……かな」

 明日の試合は各ポジション同士で戦い、そして勝利してもらおう。
 きちんとした戦いができることもみせておかないと、奇策ばかりと思われて対策されてしまう。

「踏ん張りどころだな」

 明日の試合でのカートリッジの配分などを考えながら、僕は決勝で使う策について考えることにした。



「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く