欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

学年無差別トーナメント⑤| 三回戦 is オンステージ

欠陥魔力騎士51

学年無差別トーナメント⑤ 三回戦 is オンステージ

「やってまいりました三回戦泰一試合ッ!! 今大会のダークホース、チームグリットに対するは、ここまでギリギリながらも勝ち進んできたチームキバ。試合前予想では、チームグリット優勢でしたが……」

「まぁ今までの試合を見る限り、グリットの勝利は揺るがないだろうが、やるまでわからないのが戦いというものだ」

「本試合の実況は、わたくし『孤月下みなしごげっか』」

「解説は私、三年歴史担当教師の要金兎かなめかなとでお送りするぞ」

「それでは早速、試合とまいりましょうッ!! 会場の九条先生、お願いします」

────────────────────────

「両チーム、準備はいいな? ではカウントを開始する」

 5、4、3、2、1………Let's GET yourself(レッツゲット……ユアセルフ)!!

「今回の作戦は、皆覚えてる?」

「もちろんだぜ」

「大丈夫、です」

「わかってるわ」

 今回の相手、チーム牙はあまり強いとは言えないチームだ。
 王道戦法である各個撃破からのリーダー集中攻撃で事足りる。

「それじゃあ各自、自分の相対するポジションとの戦いに集中してくれ」

「了解だ」

「了解、です」

「まっかせときなさいっ」

 正直この試合は楽に勝てる。
 全員の力を見せなくても大丈夫だろう。

────────────────────────

「チームグリット、チーム牙双方ともに、各ポジション同士の戦いとなるようですね」

「まぁチームグリットにしてみれば、格下と言える相手に対し、新しい策や力を見せる事はしないだろうよ」

「なるほどなるほど。チーム牙はそれに応じるしかないわけですね?」

「その通り。つまりは総力戦だな。これはもう、チームグリットの勝ちで決まりと言えるか……」

「さぁ、各ポジション相対しました。ここからどんな戦いになるのか!?」

「両チームのお手並み拝見といこう」

────────────────────────

「限無はあぁ言ってたけど、別に私が全部倒してもいいのよね?」

 一回戦も二回戦も、私は活躍できなかったし。

「と言うわけで大和光、おして参りますッ!!」

 私が修練で手に入れた力。
 その一部を今ここで試すッ!!

「来てっ、天照。私の敵をすべて倒してッ!!」

『要請承認したわ。対象確認……全対象掌握完了。天照の光をうけなさい?』

 瞬間、世界が圧倒的な光に包まれる。
 天照大神との簡易契約による術式、神罰執行。
 私が手にした新しい力の1つ。

「し、試合終了。勝者、チームグリットッ!!」

「まっ、ざっとこんなもんよね」

 私は勝利を確認すると、限無のもとへと歩き出した。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く