欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

学年無差別トーナメントに向けて⑦| それぞれの課題と特訓の日々④

欠陥魔力騎士43

学年無差別トーナメントに向けて⑦ それぞれの課題と特訓の日々④

「1つ目、終わったぜ? 天通……いやめんどくせぇ。限無でいいか?」

「構わないよ、西城君。予想通りのペースだ。次のメニューを伝えよう」

 三回目の休憩時、西城君がやってきた。
 ここまでの流れはすべて僕の想定内であり、このままのペースが続きさえすれば、全員が僕の出すすべてのメニューをこなせるはずだ。
 ……陵君を除いて、だが。

「西城君が行うメニューの基本は、技の効率化と持続力……つまりは流派の位階を上げることだ。そして、それと合わせて行うのが応用……つまりは技の出現場所やタイミングなどの反復練習。この応用は、陵君に自主練習させている間にこなすから、まずは技の精度上げだ。わかってると思うけど、君の成長次第で、トーナメントの戦術が決まる。頑張ってくれよ?」

 西城君はバックスであり、彼が倒れてはリーダーを守る存在がいなくなる。
 ミドルスである美龍は、できれば攻撃で使いたいので、彼に落ちてもらっては困るのだ。

「わかってる。大丈夫だ、問題ねーよ。今やってるメニューも、師範に教えてもらってた修練法と違って新鮮だしな。まだまだいけるぜ?」

 彼の技はある程度の相手の攻撃は確実に防げる。
 事実、前のトーナメントで僕の攻撃に一度は耐えて見せている。
 しかし、チーム戦となると話が変わる。
 チーム戦では、使用できる魔力量が決められており、その管理はリーダーが行う。
 簡単に言えばカートリッジオンリーであり、そのカートリッジはすべてリーダーが持っているイメージだ。
 それゆえ、彼のメニューは技に対する使用魔力の効率化。
 つまりはより少ない魔力で今と同じ効果を発揮してもらうわけだ。
 だがこのままだと、陵君が追い付かない。
 どうやら彼女は人から教わることになれていないらしく、僕が手取り足取り教えるよりも、一度見せた後に再現させる方が効率が良い。
 更に言えば、彼女は一人で修練した方が更に効率が上がるようだ。
 僕が見ていると言うだけで、多少集中力に乱れが見える。

(そうだな。ここは一度離れて、一人で試させてみるか……)

「西城君、予定変更だ。陵君にはこれから自主練習をしてもらう事にする。なのでこれから少し、応用を含めた模擬戦をしよう」

「わかったぜ。よろしく頼むわ」

「陵君。今日教えた事を中心に、自主練習をしていてくれ。どうやら君は、一人の方が効率が上がるようだから、ね」

「わかり、ました」

 僕は陵君にそう告げると、西城君と共に模擬戦の申請をするために、監督の先生の方へ歩き出す。

「忘れないでくれよ、陵君。君の長所を……ね?」

 彼女のもとへと戻ってくるまでに、彼女がどれだけ成長しているか。
 僕はそれを楽しみにしつつ、西城君への指導へと意識を切り替えた。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く