欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

学年無差別トーナメントに向けて③| ポジション決定は決意の現れ

欠陥魔力騎士39

学年無差別トーナメントに向けて③ ポジション決定は決意の現れ

「さてと、これで正式に僕達はチーム『グリット』だ。改めてよろしく頼むよ」

「「「「よろしく(です)」」」」

 全員で頷き合い、次の作業へと移る。

「それじゃあさっきも言ったけど、最初はポジション決めよね? 5つのポジション……『フォワード』『バックス』『ミドルス』『レンジャー』『リーダー』の5つ」

「俺はバックスかな? と言うか、恐らくそれしかできない」

「ご主兄様がリーダーなのは確定として、わたくしはミドルスかレンジャーを希望いたします」

「僕は確かにリーダー向きだね。みんながそれでいいなら、任されよう」

「えっと、その、……僕は、その、フォワードをやりたい、です」

「なら私はレンジャーかしらね? 私の千変万化なら、様々な状況に対処可能だもの」

 全員の意見が出揃い、確認し合いながらポジションを決める。

「まずはフォワードだけど、相手のバックスをかわしてリーダーを倒す役目だ。だからこそ陵君は合っていると思う」

「は、はひぃっ。頑張りますです」

 リーダーを倒せるのは、フォワードとレンジャーのみ。
 そしてフォワードのみバックスを無視してリーダーへと攻撃できる。

「次にバックスだけど、これも西城君が妥当だろう。リーダーを守る役目であり、防御の強い人が担当すべきだからね」

「任されたぜ。しっかりとリーダーを守りきって見せるさ」

 バックスの仕事は簡単だ。
 相手フォワードとレンジャーからリーダーを守ること。
 攻撃はできない代わりに、バックスゾーンと言うゾーンの中では無制限に動ける。

「次にレンジャーだけど、これは大和さんにお願いしたい。彼女の言う通り、攻めも守りも撹乱も、すべてをバランスよくこなすのがレンジャーだ。大和さんにぴったりだと思う」

「どこのポジションでも大丈夫だと思うけど、このポジションが一番面白そうなのよねっ。ばっちり任されたわ」

 時にはフォワードと連携してリーダーを攻撃。
 時にはバックスと連携してリーダーを守る。
 常に動く状況をしっかりと把握し、適切な行動を行う。
 大和さんと千変万化にぴったりのポジションだ。

「次にミドルスだけど、これは美龍にお願いしたい。バックスまたはフォワード。どちらか倒れた方と入れ替わりに登場するこのポジションは、事実上の切り札だ。だからこそこのチームでもトップの実力である美龍にお願いしたい」

「かしこまりました。ご主兄様の采配に間違いなど無い事を証明して見せます」

 ミドルスはいわゆる交代要員だ。
 バトル中に倒された仲間のポジションと入れ替わる。
 それゆえにすべてのポジションを完璧にこなす必要があるよだ。
 だからこそこのポジションには、チーム内のエースが担当する。

「最後にリーダーだけど、これは僕が任されよう。適切な指示と魔力運用で、皆を勝利へと導けるように頑張るよ」

 リーダーは指示だしとチーム全員の魔力運用のみしか行えない。
 一応の防戦は可能であるが、魔力は使えない。
 つまりはチーム全員を信じて導く役目と言うわけだ。

「それじゃあ全員、トーナメントまで特訓だ。頑張っていこうッ!!」

「「「「おー(ぉー)ッ!!」」」」

 こうして僕たちのチームは正式に動き出した。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く