欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

学年無差別トーナメントに向けて②| チーム名決定……その名は「GRIIT(グリット)」

欠陥魔力騎士38

学年無差別トーナメントに向けて② チーム名決定……その名は「GRIITグリット

「さてと、自己紹介も終わったし、次にチーム名を決めないとだね」

 お互いの事を把握してから、今後活動するためのチーム名を決める。
 それから先生に報告し、ようやくチームでの鍛練を開始できるのだ。

「うーん、いざチーム名ってなると、案外難しいな」

「全員が納得するのって、確かに難しいことね」

「僕としては、全員にまつわるものが良い気がする」

「わたくしはご主兄様の決定に従いますわ」

「うぅ……その、えっと」

 五人で頭を悩ませるが、なかなかうまい名前が出てこない。
 けれど僕の感覚では、陵君が何かをいいアイディアを持っていて、それを言い出せないだけだととらえていた。

「とりあえず、まずは全員で1つアイディアを出してみたらどうだろう?」

「わかったわ」

「かしこまりました」

「いいと思うよ」

「は、はぅぅぅ」

 四者四様の答えがかえってきたが、誰も反対しないためまずはそれぞれで考えてみる。
 時間を五分と定め、全員でチーム名を考える。
 これが初めてのチーム作業だ。

………………
…………
……

「というわけで、それぞれのアイディアを発表していこう。まずは僕だね。僕が考えた名前は、ルーキーズ。一年生……つまりはルーキーの集まりだからルーキーズ。少し安直かもしれないけどね?」

 僕がまず発表すると、少し反応を待ってから、視線で美龍に次を促す。

「なら次はわたくしですね。天通限無と愉快な仲間達……などはどうでしょう?」

 美龍らしいといえばらしい名前に、僕も軽く驚きつつ、大和さんに次をお願いする。

「5(ファイブ)レンジャーなんてどうかしら? 私のも安直かもしれないけど、やっぱりこういうのは、わかりやすい方が良いと思うのよ」

 その意見には賛成だ。
 けれどもし他の二人がもっと良いアイディアを持っているなら、そちらにしたい。
 トーナメントではチーム名+個人名で実況されるため、チーム名がカッコ悪いとモチベーションが下がりかねない。

「すまんな、俺はこういうのを考えるのが苦手でよ。全員のを聞いてから、一番良いと思ったものに投票させてもらうわ」

 西城君は何もなし……か。
 なら残るは陵君だけ。
 僕は彼女に期待を込めた目を向け、彼女の発表を待つ。

「えっと、その……。僕ごときが発表なんておこがましいのですが、えっと、その、GRIIT……グリットなんてどうでしょうか?」

「「「「グリット?」」」」

「えっと、その……ですね? 天通限無の『G』、陵陵子の『R』、天通美龍の『MI』から『I』、大和光の『HI』から『I』、西城陽斗の『TO』から『T』。繋げて読んでGRIITグリットです」

「グリットか。確か第三の成功要因……つまりは情熱や継続力、やり遂げる力と言う意味だったね。いい名前だと思うよ」

 僕はこの名前がとても良いと感じた。

(それに、恐らく無意識だとしても、彼女……いや、彼の想いが感じられる)

 やはり陵陵子の中には、しっかりと陵陵が存在している。

「ご主兄様が賛成するならば、わたくしも賛成です」

「あんた、なかなかセンスあるじゃないっ。いいと思うわ」

「俺もそのチーム名でいいと思う。今日から俺達はチーム『グリット』だ」

 こうしてチーム名が決まったことで、僕達はようやく動き出す。
 上級生相手でも、個々の力なら負けていないと思えるこのチームでも、チーム戦となると勝てるとは言い切れない。

「それじゃあ先生に申請してから、チーム戦を行うためのミーティングをしよう」

「賛成。まずは役割分担よね?」

「ご主兄様一人ならば最強でも、チーム戦では何が起きるかわかりませんからね。連携は大切です」

「俺は守ることしかできないが、それにかけちゃ結構な自負がある。まぁ気楽にいこーや」

「が、がんばり、ます」

 四者四様の反応を見てから、僕は先生にチーム名の申請をしに向かった。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く