欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

新入生歓迎トーナメント⑮| 閉会式と新たなる火種

欠陥魔力騎士33

新入生歓迎トーナメント⑮ 閉会式と新たなる火種

「ここで、大変残念なお知らせがごさいます。先程の決勝戦にて、天通限無兄選手に反則が見つかったため、彼を失格とした上で、二位以下の順位を繰り上げます」

「私としても、大変残念な結果だ。大会運営に直訴もしたのだが、私の力が及ばなかった。大変申し訳ないッ!!」

「最後に、このような形で水をさしました新入生歓迎トーナメントですが、優勝は天通限無弟選手、二位が西城陽斗選手、三位が大和光選手となり、それぞれに記念品が贈答され、公式戦の初記録として各選手に結果が刻まれますッ!!」

「皆、本当によく頑張ってくれた。今回結果を残せなかったものも、来月行われる学年無差別チーム戦にて結果を出せるよう、努力してくれ」

「それでは以上をもちまして、表彰式を終わります。……なお、この後に行われる予定であったエキシビションですが、天通限無兄選手は失格。その技を受けた天通限無弟選手も意識が戻らないため、中止とさせていただきます。重ね重ね申し訳ありません」

「ということで、これにて新入生歓迎トーナメントは完全に終了だ。全員、解散ッ!!」

────────────────────────

「やっぱりこうなった、か……」

 僕は控え室で一人、ため息をつく。

「気力を使った以上、こうなることは予想できていた。いくら大和さんがすごいと言っても、大会運営の決定を覆す事は無理に決まってる。わかってたことだ」

(だけど、この胸に込み上げるこの悔しさは、なんなのだろう?)

 自分自身への反省? いや、違う。
 がっかりさせてしまった観客への気持ち? いや、違う。

「そっか。大和さんをがっかりさせてしまっていないかという、恐れ……なのか」

 ふと、自分の気持ちがはっきりする。

(やっぱり僕は、大和さんの事が……)

 自分の気持ちにあらためて正面から向き合った僕は、無性に彼女に会いたくなる。

(でも今はダメだ。まずは僕自身が前を向かなきゃ)

 大きな後悔と反省を飲み込んだ僕は、次の戦い……つまりは来月行われる学年無差別チーム戦へと気持ちを新たにして、自分の部屋へと帰った。

………………
…………
……

「ただいまー」

「お帰りなさい。早かったのね?」

「お帰りなさいませ、ご主兄様ごしゅにいさま

 部屋に戻った僕を待っていたのは、大和さんと見知らぬ美少女だった。

「えっと、大和さん……はまだいいとして、君、は」

「わたくしの事をお忘れですか? 美龍みりはご主兄様の事を忘れたことなど、一時でさえなかったというのに……」

 なん……だって?

「まさか、本当に美龍……なの、か?」

「えぇ、ご主兄様。あなた様の許嫁にして、第一夫人。常にご主兄様を後ろから支え、時には共に歩む大和撫子。ご主兄様にすべてを捧げた女、美龍でございます」

 これは……驚いた。
 まさか、試合を見に来ていたのだろうか?

「いいえ、ご主兄様。それは違います」

「相変わらず、僕の心を読めるんだね?」

「ちょ、ちょ、ちょっと待ってよ!? 私をおいてけぼりにしないでくれる!?」

 僕が美龍の返答を待っていると、横から大和さんが声をかけてくる。

「それでは、あらためまして。お久しぶりです、ご主兄様。そしてこの姿では初めまして、第二夫人候補の大和さん。わたくしの名前は天通美龍。天通家直系にて、ご主兄様の婚約者。第一夫人にして最大の援助者です」

「本当に久しぶりだね。いつこっちに来たんだい?」

 もし早くから来ていたなら、少しくらい話がしたかった。

「うふふ。まだお気づきになりませんか?」

「なによなによ、どういうこと?」

「もしかして、影から僕の事を見ていた……とか?」

 もしそうなら謝らないと。

「では、種明かしをしましょうか? わたくしは今年度男子首席入学者。天通限無と名乗った男。その正体でございます……」

「「………………ッ!?」」

 僕と大和さんは、互いに驚きで声も出ない。

「それでは少しばかり、昔話をいたしましょう」

 そう言って美龍が語ったのは、どこまでも僕の援助者であろうとする美龍の姿そのものだった。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く