欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

新入生歓迎トーナメント⑧ | 本戦二回戦と揃いし四強④

欠陥魔力騎士26

新入生歓迎トーナメント⑧  本戦二回戦と揃いし四強④

「みなさま、ながらくお待たせしましたっ。本日のメインイベントその②、天通限無あまつげんない弟選手と、浅黄萌あさぎもえ選手の試合を始めますッ!!」

「天通限無弟君は、いわずもがなな優勝候補筆頭だ。しかし相手の浅黄萌選手も侮れない……」

「天通限無弟選手は、この若さで天通流免許皆伝の腕前。天通流皆伝の天通限無兄選手よりも実力は上ッ!!」

「その通り。そして相手となる浅黄君は、天通流の宿敵とも言える流派、地現流じげんりゅうの免許皆伝。互いに免許皆伝同士……つまりは若き天才剣士同士の戦い。先程の力と力の戦いではなく、技と技の戦いが見れるだろうよ」

「なるほどなるほど。やはりこの試合も見逃せないという訳ですね!?」

「その通りだ。更にこれは剣士の戦い。一挙一動も目が離せない、まさしく一瞬の奪い合い……いや、刹那の奪い合いだろう」

「ではでは、そんな二人の試合を始めたいと思いますッ!!」

────────────────────────

「私はずっと、貴方と本気で戦いたいと思っていたわ」

「俺はそれほどでもないんだけど、なぜかな?」

 俺は目の前の相手のレベルに合わせ、力のリミッターをかけていく。
 その間受け答えをすることで時間をかせぎつつ、場を盛り上げるのに話術を使う。

「私は今年、天通流の天才剣士が二人も同じクラスだという幸運に感謝した。しかし兄の方は魔力を使えず、天通流の技を使わないッ!!」

「兄なんて思ってないけども、その通りだね」

「そして弟であるお前は、その力のすべてをまったく見せないッ!! フェーデは自らを高め、互いのすべてをかけて戦うものだ。それを汚すお前たちを、私は絶対に許さないッ!!」

「ご高説どうもありがとう。なら君は、俺に本気を出させてくれると?」

 ドンッと一瞬だけ力を解放し、相手選手に圧力をかける。

「ッッッ!?」

「ほら、やっぱり君もその程度。俺が本気を出せる相手じゃないよ」

 俺はもう一度リミッターを……今度は先程よりも多くかけると、相手選手へと微笑みかける。

「双方準備は良いな? カウントを開始するッ!!」

 5、4、3、2、1………Let's GET yourself(レッツゲット……ユアセルフ)!!

天通流一指あまつりゅういっし指旋突しせんとつ

「ぐわぁッ!?」

 俺が牽制で放った指旋突が相手にクリーンヒットし、俺はかけるリミッターが少なすぎたと反省する。

地現流一撃じげんりゅういちげき千閃せんのひらめきッ!!」

天通流二指あまつりゅうにし示払しふつ

 相手が放ってきた広範囲遠距離攻撃を、自分に当たるものだけを見切って拡散攻撃で防ぐ。

「天通流一指、指旋突」

「ぐわぁッッッ!?」

 返す剣で指旋突を連続で放ち、相手の四肢を撃ち貫く。

「もうやめにしないかい? これ以上は試合にならない……」

「くっ……ぐぐぐ、くそぉぉぉぉぉッッッ!! 地現流終撃じげんりゅうしゅうげき画竜点睛がりょうてんせいぃぃぃッッッ!!」

天通流三指あまつりゅうさんし半絶なかだち

 相手が大技を放つ一瞬の隙に間合いへ踏み込み、半絶で相手の技ごと完封する。

「そこまでッ!! 勝者天通限無ッ!!」

────────────────────────

「き、き、き、き、決まってしまったぁぁぁぁぁッッッ!! わたくし、実況する暇すらありませんでしたッッッ!!」

「まさかこれほどとは……な。天通限無弟は、強さの次元が違いすぎる」

「牽制に数発の指旋突を放った後、一瞬で間合いを詰めての一撃。わたくしにはそのようにしか見えませんでしたが……」

「一番最初に、牽制として指旋突を一発。相手の技にたいして示払という範囲技を放って相殺。そのまま指旋突を四発放ち、相手の四肢を撃ち抜いて実力の差を示す。そして相手が大技で一発逆転を狙ったところを、半絶で終わらせた」

「つまり、最初から最後までがすべて、天通選手の思い通りだったと?」

「それだけではない。恐らく天通弟君は、その実力の一欠片ほどしか出していない。入試の試験結果からもそれは明らかだ」

「つまりは天通選手は、まだ一度も本気を出していないと?」

「そういうことになる。私の見立てでは、恐らく実力の10%も出していないはずだ」

「これは明日以降も楽しみになってまいりましたッ!! 明日は第一試合が大和光選手VS天通限無弟選手。第二試合が天通限無兄選手VS西城陽斗選手。その後、負けた二人による三位決定戦がおこなわれます」

「明日も素晴らしい試合が見れるだろうよ。私自身もとても楽しみだ」

「それではまた明日お会いしましょう。シーユーネクストデイ」


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く