欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

限無の本気| 欠陥魔力騎士の気力と魔力

欠陥魔力騎士11

限無の本気 欠陥魔力騎士の気力と魔力

 あの後、部屋の更に奥へと連れてこられた僕は、そこで見たこともないほど巨大な計測装置の前にいた。

「これはまた……すごい、ね」

「そうでしょそうでしょ? これは私の自信作で、元々は自然界の魔力を計測するために作ったものなの」

 そう言う彼女は、自慢げに満面の笑みを浮かべており、その自信がうかがえた。


「早速で悪いけど、やってもらえるかしら? これでダメならお手上げだけど、この子はこの星の魔力……つまりは龍脈を観測するためのものだから。たぶん大丈夫なはずよ? いくら貴方でも、この星以上じゃ無いでしょ?」

「そう……だね。そう願っておくよ」

 僕はそう答えると、機械の前に立つ。

「すぅ……ふぅ」

 一度だけ深呼吸をして、自らの状態を確かめる。
 そしてそのまま、意識を内部の奥深くまでしずめていく。

「すぅ……ふぅ」

 深呼吸をもう一度。
 今度は最奥まで落ちた意識から上を向き、この世すべてを知覚する。


「いくよ? ハァァァァァッッッ!!!!」

「きゃあッッッ!?」

 瞬間、僕を中心に凄まじい風か巻き起こる。

「アァァァァァッッッ!!!!」

 僕はそれに構うことなく、全力まで出し惜しみせずに高めていく。

「ッアァァァァァァァッッッ!!」

 全力まで高めた魔力を、そのまま全開で解き放つ。
 これが僕の本気……欠陥魔力騎士の僕にできる全力。
 それがこの無限領域状態インフィニティゾーン
 試合で使うことを禁じられた、その力のすべてだ。

「アァァァァァッッッ!!!!」

 そのまますべてを出しきり、僕の魔力は安定する。
 武器を壊してしまうために数秒しか出せないこの力は、その後体内に収まる魔力量で落ち着いていく。

「どう……だった? これが僕の全力全開なんだけ、ど」

「…………驚いたわ。もう少しでこの子さえも壊れそうなほどの魔力量。貴方本当に人間なの?」

 どうやら計測器は壊れなかったようで、しっかりと記録がとれたらしい。
 さすがの僕の気力でも、星ほどの力は持たなかったわけだ。

「それは、よかっ、た」

 さすがに久しぶりの全力全開。
 僕も軽く疲れが出ていた。

「……正直助かったわ。あのまま最高出力を出し続けられてたら、この子も危なかった。貴方は本当にすごいわねっ」

「あ、ありが、とう」

 こんなに真っ正面からこの力を誉められたのは初めてだ。
 やっぱり嬉しいものなんだな……。

「そ・れ・で、なんだけどね?」

「どうか、した、かい?」

 今まで喜色満面だった彼女の顔に、何か黒いものが浮き出てくる。

「貴方の武器は、メインはもちろん剣……よね?」

「……? それはもちろん、それしかないはずだけど?」

 無手の武器が無い以上、僕は剣で戦うしかない。

「私に任せてくれないかしら? 貴方にぴったりの武器を用意して見せるからッ!!」

「それは、ありがたい……けど。大丈夫なのかい?」

「もちろんよ。任せておきなさいッ!! カートリッジシステムだけじゃなくて、私の奥の手をもう1つ授けてあ・げ・る」

 そう言うと大和さんは、ブツブツと呟きながら歩き出す。

「まぁいいか。彼女ほどの天才に任せておけば、大丈夫だろう。僕は技術はさっぱりだからなぁ……」

 この日はこれで実験が終わり、僕は彼女と別れてトレーニングをすることにした。



「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く