欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

契約 | 光と限無

欠陥魔力騎士8

契約  光と限無

「お昼までまだ時間があるし、少し走っておくかな?」

 あの二人の戦いの後、僕は先生の作業を手伝わされた。
 理由はもちろん、あの中で僕だけがダブリだからだ。
 一応一年生の最後の方では、少し技術的な事にも触れていく。
 これはこの学園を出た後、技術者の道に進むものが出てくるかもしれないからだ。
 理由は単純、良くも悪くもトップレベルであるこの学園では、上と下の差がとても大きい。
 自分の才能に見切りをつけた生徒用に、二年からは技術者向けの補助授業があるくらいだ。
 けれどそれは、技術者をないがしろにしているわけではなく、むしろ逆だ。
 技術者に転向した生徒には、授業費半額などの特典もある。
 これは、選手の事を理解している技術者を育てるためであり、実はこの学園の卒業生には、学園内でパートナーとなり、選手と技術者両方が学園の同期という選手も多い。
 実際この学園の卒業生でトップレベルの数人は、学園内で組んだパートナーとプロとして戦い、しっかりとした記録を残していたりする。

「はっ、はっ、はっ、はっ」

 ランニングは適度な速度で、常に速度を変えないことを意識して走る。
 これは僕の日課の1つであり、走りながら自らの内側を完全にコントロールするための修行でもある。
 これはそのまま、戦闘時のエネルギーコントロール力に繋がるもので、現状魔力が使えない僕であっても、衰えさせないために続けている。
 もしかしたら、これを止めることで気力と魔力が衰え、再び普通に魔力を使って戦えるようになるかもしれない。
 けれどそれは……僕には負けな気がした。
 現状に満足しているわけではないが、だからといって楽な方に流れてしまえば、それこそ天通限無という名を名乗れなくなる。

「やっぱりすごいのね。それだけ走ってて、息一つ乱れてない」

「大和、さん」

 僕がそろそろ終わりにしようかと思っていた所に、大和さんが声をかけてくる。
 僕が今走っているのは、ランニング用に作られている専用路なので、大和さんがいてもおかしくない。

「えっと……何の用かな?」

 けれど僕には、大和さんが声をかけてくる理由がわからなかった。
 先程の戦いを見た後で、今の僕と大和さんとの差は歴然だ。
 先日僕の事を話したことをかんがみても、再び声をかけてくるとは思わないんだけど……?

「この間は逃げられちゃったから、改めて言うわよ? 貴方、私の実験に付き合いなさいものになりなさいッ!!」

「…………えっ?」

 僕は一瞬、彼女の言っている事がわからなかった。
 こんな僕に再び声をかけてくれるなんて、夢にも思わなかったからだ。
 たしかに僕としても、あの新しいシステム……カートリッジには興味がある。
 あれを使えばもしかすると、僕も再び魔力で戦えるようになるかもしれないからだ。

「えっ、と……。どうしてまだ僕の事を? 昨日の戦いは見てた、よね? 今の僕は、大和さんが声をかけてくれるようなたいした人間じゃないんだよ?」

 言ってて悲しくなるが、これは事実だ。
 今の僕は欠陥魔力騎士であり、大和さんのような輝いている存在ではない。

「貴方の去年の入試成績を見たわ」

「ッ!?」

 これには本当に驚いた。
 たしかに今、僕の事を疑う生徒には、先生たちから説明がされていることは聞いていた。
 けれどそれはうわべを取り繕うものであり、中身までは知らされないはずだ。

「学園長に直接聞いたのよ。私が貴方を、私の実験に付き合わせたいものにしたいってね?」

「そう、なん……だ」

 そこまで僕の事をかってくれていたのか。
 正直少し泣きそうだった。
 かつての……神童と呼ばれた頃の僕ならいざ知らず、今の欠陥魔力騎士である僕を見てもそう言ってくれる。
 僕は彼女の実験に付き合うものになる事を決意した。

「決めたよ。僕は君の実験に付き合うものになる。だから大和さん……僕を再び戦えるようにしてくれないか?」

「もちろんよッ!! 私が貴方を……天通限無と言う男を、再び輝かせてあげるッ!!」

 こうしてここに契約は成立し、僕は彼女のものになった。
 これからトーナメントまでの約一ヶ月。
 去年よりも楽しくなりそうだ。



「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く