欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)

inten

一年実技授業初回① | 選択と再戦

欠陥魔力騎士5

一年実技授業初回①  選択と再戦

「さて諸君、今日は初の実技授業の実戦だ。この闘技場で一組ずつ戦い、互いの実力を高めてもらう」

 あの後……大和さんとはなるべく接触しないように過ごし、今日で丁度一週間。
 先週の内に実技授業の説明がされ、今日が実戦の初日である。
 実技授業の実戦は、休み時間を挟みながら一日続けて行われる。
 クラスメンバー30人の総当たりであり、全員と一回ずつ戦う形だ。

「さて……。我こそはという勇気のある生徒はいるかな?」

 先生が生徒全員を見回し、一人一人確認する。

「誰もいない……か。なら仕方ない。天通兄、去年からやっているお前が最初になってくれ」

「わかりました……」

 僕は指名された事に少し驚きつつも、肯定を返す。

「さてさて……。天通兄の相手、誰かやりたい人はいるかな?」

 そう言うと先生は、再び一人一人確認する。

「「はいっ」」

 そうして先生が少し待つと、二人から声が上がった。

「……ふむふむ。大和光と陵陵みささぎりょうか。いいだろう。天通兄、選びたまえ」

 先生が僕にふり、僕はてをあげた二人を確認する。

「…………ッ!?」

 大和さんは当然知っている。
 けれども僕は、出来ることなら大和さんとは戦いたくなかった。
 恐らく彼女と戦うと、また追求されてしまう……。
 しかし、手をあげているもう一人を見たことで、僕はとても悩んでしまった。

「天通限無ッ!! 私と戦いなさい!! 絶対にあなたを倒して見せる私のものにするわッ!!」

 ……やっぱりか。
 大和さんは初めて出会った時のような、ワクワクを抑えられない顔をしている。
 これとは戦いたくない……けど。

「クックック。ここで会ったが百年目……ってかァァァ? 初日の借りを返させてくれよォォォ……?」

 もう一人手をあげていたのは、初日に僕が一撃で倒した、大和さんを襲っていた相手だった。

「えっ……と。選ばないとダメ……ですか?」

 僕は逃げ道を探し、思わず先生に問いかける。

「他に立候補者がいないからな。仕方あるまい?」

「ですよね……。はぁ……」

 僕はため息をつくと、一人を指差して指名する。

「な、な、な、何でよぉぉぉッ!?」

「クククッ、ハァッハッハッ。俺を選んだな、卑怯者ォォォ? この前の屈辱は、倍にして返してやるぜェェェ!?」

 僕が選んだのは、初日に倒した男の方だった。


「欠陥魔力騎士の無限領域(インフィニティ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く