話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ランダムビジョンオンライン

inten

楽しいオーク狩り!

「齟齬の無いように確認しとくけど、ヒカリ? 前回のゴブリン、何であんな大量に釣ってきたんだ?」

「申し訳ありません。群れがいたので、ちょうど良いと思い釣ってきたのです」

 オークの生息地へと向かう途中、先程のゴブリンの数についてヒカリに聞くと、そのように返ってきた。


「ふむ、群れ……か。リセットされたばかりだから、モンスターの数が豊富なのかもしれないな。一応注意していこうか」

 ゴブリンやオーク程度に、このメンバーで遅れを取るとは思わないが、念には念をである。

「それじゃあヒカリ、今度は最初からゴブリンと同じくらい……そうだな、15~20匹ほどを釣ってきてくれ」

「かしこまりました。暫しお待ちください」

 ある程度森の奥へ進み、ひらけたところでヒカリに指示を出す。

「基本フォーメーションはさっきと同じでいくぞ。その上で桜狐さくらこは少し下がり気味で。クーとキッカの三人で敵に対処してくれ。ハクは今回はバインド無しで頼む。攻撃魔法をメインにして、前衛三人のサポートをしてくれ」

「了解だよっ。お兄ちゃん」

「あいあい~」

「かしこまり~」

「了解したのじゃ」

 四人が元気よく返事をしたのを確認すると、俺たちはヒカリの帰りをしばらく待った。

………………
…………
……

「釣ってきました。総数は18。すみませんラン様、メイジとリーダーが混ざっています。桜狐さくらこさんも注意してくださいッ」

「了解。皆聞いたな? 各自フォーメーションを乱さないようにしつつ、各個撃破ッ。俺がメイジとリーダー後ろのやつらを片付ける。ヒカリ、ついてきてくれ」

「かしこまりました。いきますっ」

 前衛三人が、相手オークの前衛とうまく接触したことを確認した俺は、ヒカリを連れて後衛を潰しに向かう。

「こっちは任せて。数分で終わらせるよっ」

「「カクのチガイをみせてやる~」」

「腕がなるのじゃっ」

 頼もしい返答を後ろに聞きながら、見えてきたオークメイジとリーダーに視線を向ける。
 と同時にガトリングを構えると、狙いをつけて撃ち放つ。

「ガァッ!?」「ガガッ!?」「グガァッ!!」

 こちらの攻撃に反応し、メイジとリーダーを守るように動いた三体のオークがガトリングに貫かれて消えていく。

「懐かしの……クロススラッシュッ!!」

 ガトリングでこじ開けたスペースから突っ込み、まずはメイジに向けてクロススラッシュを放つ。
 同時に、俺の死角をヒカリがカバーしてくれていることを感覚でとらえ、ヒカリの動きの邪魔にならないようにこちらも動く。
 互いに死角を補い合い、残ったメイジとリーダーと取り巻きを倒していく。

「これで……終わりだッ」

「グ……グガァ」

 最後に残したリーダーへを倒すと、後ろにおいてきた桜狐さくらこ達がこちらに追い付いてきたところだった。

「戦闘お疲れさま。そっちはどうだった?」

「すごくやり易くて楽しかった。こんな狩りは久しぶり!」

 俺の質問に、桜狐さくらこが興奮気味に答える。

桜狐さくらこちゃんぐっじょぶ」

「なんくるないさぁ」

「万事問題なしじゃの。オークたちがむしろ可哀想なくらいじゃったわ」

 あちらに残した四人も、特に問題なくオークと戦えたようでひと安心。

「……さてと、そろそろ帰るか。飯食ったら宿で休もう」

 俺は皆にそう提案する。

「賛成! まずは戦利品を売りましょう。今日の夕飯は豪勢にできるわ!!」

「かしこまり~」

「レッツばっくほ~む」

「了解したのじゃ」

「それではラン様。参りましょう」

 俺は各々の返答に大きく頷き、皆でハジメの街へと帰還した。


「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く