話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ランダムビジョンオンライン

inten

新しい世界へ

 昨日の晩に、創造ではポーションを作った。
 作ったのはMPポーション大で、効果は以下のとおりだ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ポーション:MPポーション大
MPを1000回復する
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 1個につき1000MPを消費したので、全部で21個作ることができた。
 今日はこのMPポーション大が使えるので、魔法をメインに戦っていこうと思う。

「さてと……みんな準備はいいか?」

 ダンジョンの入口を前にして、俺はみんなに確認する。

「大丈夫です」

「大丈夫だよっ」

「オーケーです」

「大丈夫ですわ」

 四者四様のこたえが返ってくる。

「よしっ! 行こうか!」

 俺はランダムの扉を開き、今日の攻略を開始した。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




 はっきり言って楽勝すぎた。
 今回から使い始めた初心者の剣と駆け出しの杖についている発声起動スペルロードは、自分が所有しているすべてのスキルを、スキル名の発声によって発動することができるというものだった。
 これにより、切り替えなければ使えなかった半神の目を「バージョン麻痺」や「バージョン即死」で発動できるようになったのだ。

「これは…………想像以上にすごいな」

 まさしく圧倒的だった。
 出遭ったすべての敵に対して、まずは麻痺を用いて動けなくする。
 そこに魔法を叩き込むだけで、ノーリスクで相手を倒すことができた。

「しかも、麻痺がボスにも有効なのがすごすぎるよな…………」

 そう。
 この半神の目の麻痺は、ボスにも有効なのだ。
 始まりの塔でボスに対して使えたので、この日常の塔でも使ってみたのだが、普通に効いた。
 これにより、ボス相手でも危なげなく楽勝で戦うことができた。
 そのおかげで、今日は基本的に俺ひとりで敵を倒していけた。
 そのため、俺はかなりレベルを上げることができた。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル153
HP:32400/32400
MP:24300/24300
力 :2655
魔力:2655
体力:2655
精神:2655
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目Ⅱ(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造Ⅱ
ファイアボール
ウインドカッター
ウォーターボール
アースニードル
鍛冶(強化)

職業
全闘士オールラウンダー

ボーナスポイント:4356
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 これにより、俺は新しく魔法やスキルを覚えることができた。
 今回色々と覚えたことにより、以下のようになった。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル153
HP:32400/32400
MP:24300/24300
力 :2655
魔力:2655
体力:2655
精神:2655
運 :1250

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目Ⅱ(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)
幸運(ON)
金運(ON)
食運(ON)
開運(ON)

アクティブスキル
創造Ⅱ
ファイアボール
ウインドカッター
ウォーターボール
アースニードル
鍛冶(強化)
ファイアランス
ウインドセイバー
ウォーターボム
アーススパイク
ファイアボム
ウインドストーム
ウォーターカッター
アースクエイク


職業
全闘士オールラウンダー

ボーナスポイント:416
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 今回覚えたのは運を上げるパッシブスキルと、四属性魔法の強化版だ。
 幸運が1000、金運と食運が500ずつ、開運が1500で覚えた。
 魔法は四つ×10と四つ×100だ。
 ポイントはかなり使ったが、これで運もそれなりになったと言えるだろう。
 効果としては・・・
 幸運は運を1.3倍にし、追加効果でドロップ率アップ。
 金運は運を1.1倍にし、貰えるお金が増える。
 食運は運を1.1倍にし、食材のレアドロップが手に入りやすくなる。
 開運は運を1.5倍にする。
 となっていて、全部合わせて運が2倍になったのだ。

「そして、この扉をくぐれば次の世界か……」

 俺は現在日常の塔⑧の頂上にいた。
 ボスは既に倒し終わっており、後はこの扉をくぐればいい。

「オークションは明後日だったな。とりあえずは商会に行ってみるかな? みんな、行こうか!」

「はい、ラン様!」

「「かしこまり~」」

「はいなのじゃ!」

 俺たちは、次の世界への扉をくぐった。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く