話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ランダムビジョンオンライン

inten

伝説の武器

 お昼は学校の近くにあった店で済ませた。
 その後はまた日常の塔の攻略をしていった。
 そんなこんなで、現在の時刻は日常の塔⑥をクリアした帰りであり、20時を回ったあたりだ。

「今日だけで結構進めたな。……まさか、日常の塔⑥までクリアできるとは思ってなかったよ。やっぱり、目標は高く設定したほうがいいな」

 俺は今日の成果を思い、満足していた。

「そうですね、ラン様。充分以上の成果だと思います」

 ヒカリもかなり満足しているようだ。

「私もびっくりだし」

 クーが驚きをあらわし

「この速さは最速じゃないかな?」

 キッカはうんうん頷いていた。

「妾はよくわからぬが……あと二つなのであろう? 明日で終わらせられるのではないかえ?」

 ハクはよくわかっていないようだが、強気な発言をした。

「そうだな、明日で終わらせるよ。終わらせてみせる!」

 俺は明日への気持ちを高め、宿へと戻った。

・・・
・・


 あの後夕飯を宴会場でみんなで食べた。
 その後に風呂に入った俺は、現在湯冷ましのための散歩で、武器屋へと来ていた。

「ふむふむ……。やはりスーパーソード以上の剣は見当たらないな」

 武器屋はそれなりに広く、壁や棚に剣などが置かれている。

「ダメもとで聞いてみるか。…………店主さん、すまないがおすすめの武器は無いか? できればスーパーソード以上のものが欲しいのだが……」

 俺はカウンターの奥で腰掛ける店主らしきおやじに尋ねる。

「スーパーソードだぁ!? そんな良いもん持ってんなら、うちなんて来る意味ないだろう!! …………まてよ、そのレベルでスーパーソードを扱えるならもしかすると…………。おい、ちょっと待ってろ。今持ってきてやる!」

 そういうと、店主は店の奥に入っていった。

・・・
・・


「待たせたな。お前、これを使えるか?」

 そう言って店主が差し出したのは、ボロい剣だった。

「店主、これは?」

 俺の鑑定では、「???の剣」と書かれている。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
片手剣:???の剣
攻撃力:???
魔法攻撃力:???
防御力:???
魔法防御力:???
耐久値???/???

アクティブスキル
???
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「これは一応ランク5の伝説級の剣なんだがな? 正しき使い手が持たなければいけないらしく、こんな状態なんだ。お前はこれが使えるか……?」

 そう言って剣を差し出す店主。

「試させてもらおう」

 俺は剣を握ってみる。
 すると、突然剣が光り出した。

「うぉっ」

「眩しいっ」

 ………………
 …………
 ……

 数秒後……眩しい光を放った剣は選定が終わったらしく、その光を収束させる。

「どうなったんだ?」

「こ、これは……」

 光が収まった剣は、ノーマルソードと同じ姿をしていた。
 しかし

「「初心者の剣…………」」

 店主も鑑定が使えるらしく、俺と同じ内容が見えているようだ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
片手剣:初心者の剣
攻撃力:150
魔法攻撃力:150
防御力:150
魔法防御力:150

スキル
発声起動スペルロード(0~???)

経験値
0/100
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「こ、こいつぁ……」

「一見普通……だな」

 俺がこの剣に感じた力は、こんなものじゃなかったのだが……どういうことだ?
 この経験値というのも気になる。
 しかし

「とにもかくにも……あんたは使えるようだな。なら、この剣はあんたのものだ! 持って行ってくれ」

 そう言うと、店主は何か操作する。

『初心者の剣を受け取りました』

 システムメッセージが流れる。

「ありがとう、店主。どうなるかはわからないが、大事にさせてもらうよ……」

 俺は、初心者の剣をしまった。

「ところで坊主よ、お前の職業はなんだ? ……実はな、今のと同じような武器がまだあるんだよ。坊主なら扱えるようだし、職業に合った武器を全て譲りたいんだが、どうだろう……?」

「良いんですか!? 俺の職業はオールラウンダーなんですが……この場合はどの武器がもらえるので?」

「なにっ!? オールラウンダーだとっ!? 待ってろ、今全部持ってきてやるっ!!」

 こうして俺は、ランク5の武器を全種類手に入れたのだった。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く