話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ランダムビジョンオンライン

inten

VS呪縛

「キシャーーーーー!!!!!」

 そう叫んで襲いかかってきたのは、先ほどまでハクがいた場所にとぐろを巻いていた黒い抜け殻だった。

「くっ、やはり呪縛は解けていなかったか……」

 そうハクが悔しげにつぶやく。

「呪縛って何だ!? あれはどういう存在なんだ!?」

 俺はハクに問いかける。

「あれは我をつなぎ止めていた呪いの愚見化したものだ! あれが我をここに閉じ込めていたのだ……あれを倒さなければ、真の意味で我が解放されたことにはならんのだ!!」

 ハクは悔しそうに叫ぶ。

「悔しいが、我ではあれを倒せんのだ……。頼む我が主、あやつを打ち倒し……真の意味で我を解放してくれっ! この通りだ……」

 そういってハクは頭を下げる。

「なるほどな……呪いの存在ってやつか。いいぜっ! 俺があいつを倒してやる!!」

 俺は不敵にハクに笑いかける。

「あやつに魔法はきかん! 正面から打ち倒すしかないのだ! それでもやれるか……?」

「俺を誰だと思っている! できなければこのイベントも起きてないだろ? やってやるさ!!」

 俺はガトリングを装備する。
 今回はスキルを使わない。
 たくさん買ってある弾をあるだけくらわせてやるつもりだ。

「いくぜっ! ファイア!!」

ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドドドドドドド!!!

「うおぉぉぉ!!!」

 反動をものともせずに相手の顔面をめがけて撃ち続ける。

ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドドドドドドド!!!

「ギシャァーーーーー!!!!!」

 敵は弾丸の雨を浴びて苦しんでいるように見える。
 このまま押し切れるところまで押してやるっ!!

ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドドドドドドド!!!

「まだまだぁ!!」

ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドドドドドドド!!!

 尽きることがないのではないかと思えるくらいに弾は発射され続ける。

「ギ、ギシャーーー!!!」

ドドドドドドドドドドド!!!
ドドドドドド!!
ドドド!
キュルーン……

「弾切れか……。だが、敵も弱っている。スーパーソードで一気に決める!! うおぉ!!!」

 俺は敵に向かって一息で踏み込む。

「おらっ! おらっ! おらぁ!!」

 スーパーソードを構えて縦横無尽に切りつける。

「ギシャ! ギシャ! ギシャーーー!!」

 敵も的にはなってくれずに攻撃してくる。

「うらっ! パリィ! うおっと、カウンター!!」

 俺は基本的には攻撃を避けているが、避けきれない攻撃にはパリィやカウンターで対抗する。

「うらっ! おらっ! うおぉ!!」

「ギシャ! ギギ! ギシャーーー!!」

 そのまま幾度も切り結ぶ。

「ギシャーーーーー!!!!!」

 幾度目かの相対で、敵が大振りな攻撃を仕掛けてくる。

「うおぉぉぉ!!!」

 俺はそれを見て、スキルを使わずにカウンターを仕掛ける。



 ザンッ!!!



 交差するように切り結び、敵の頭を切り捨てることに成功する。

「ギ……ギシャ」

 ドスンッ!! っと音を立てて敵は倒れた。

「よっしゃぁ!! 勝ったぜ!!」

 呪縛との戦いに勝利した俺は、後ろを向いてハクに向かって手を振る。

「!? 危ないっ!!!」

 そんな無防備な姿を見せていた俺を、呪縛の最後の一撃が貫いた。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く