話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ランダムビジョンオンライン

inten

日常の塔②

 朝食を終えた頃には、時間は9時を過ぎていた。
朝はすっかり忘れていたが、今日から三日で攻略をしなければいけないので、時間はとても貴重である…………。
 ということで、俺はみんなにさっそく日常の塔②に行くことを提案した。

「今日だけで二つは最低でもクリアしたいからな。さっそく行こうぜ?」

「そうですね。時間は有限なのですから、急ぐに越したことはありませんね」

「そうだね、じゃあ行こっか?」

「準備は出来ていますからね」

「よし、出発だ。校舎のどこに向かえばいいんだ?」

「日常の塔②は図書室です。日常の塔③と④も図書室なので、ついでにいけると思います……」

「そうだね。あそこは図書室っていうよりも、図書館だけどね?」

「そうそう。とっても広んだよっ」

「そうなのか? それは楽しみだな」

「まぁ、使う人はあまりいないんだけどねぇ……」

「塔に向かう人以外は、街の本屋ですませちゃうしねぇ」

「ふむ……それは少し残念だな。使う人がいないなんてな……」

「そうですね。少し寂しいとは思います……」

「たしかにそうだね」

「でも仕方がないと思うよ」

「「あそこはダンジョンなんだからっ!」」

「それもそうか」

「そうですね。ダンジョンで本を読むのは、少し考えられないですね……」

「……よしっ! 日常の塔②と③と④を、今日中にクリアするぞっ!」

「目標は高く……でしたね」

「「がんばろー!」」

 俺たちは、日常の塔②、③、④を攻略するために、図書室に向かった。

・・・
・・


「うおぉ……たしかに広いな。奥まで見えねぇや……」

「そうですね。体育館よりも広いのではないでしょうか?」

「言ったでしょ? 広いってさ」

「一階分まるまる使ってるからねぇ? 広いのは当然だよっ!」

「この階ってまるまる図書室なのか!? そりゃすげぇやっ!」

「日常の塔②の入口はマンガ部屋です。さっそく向かいましょう」

「マンガ部屋なんてあるのか? そりゃいいなっ! 後でよりたいぜ」

「そんな時間はないと思うのですが? 三日以内にすべての日常の塔をクリアして、次の世界に進むのですよね?」

「そうだよ。目標は高くするんでしょ?」

「そうそう。さっさと攻略しないとね?」

「それもそうだな。来るのは今度にしよう」

「それがよろしいかと……」

「「それじゃ、れっつごー!」」

「「オー!」」

「「ついてきてねっ!」」

 クーとキッカが先導するように歩き出す。
俺とヒカリはそのあとに続いた。

・・・
・・


「ラン君ラン君。今日はどっちから入る?」

「ランダムにするか、一階から入るか?」

「日常の塔はすべて、同じ仕様になっていますからね。当然こちらも①と同じように、正統派かランダムで飛ぶかが選べます……」

「決まっている。当然ランダムだ!!」

「その心は?」

「少しでも先に進みたいからな。一階以外に出たほうが早いだろ?」

「確かにそうだねぇ。……それじゃあもしかして、今後も全部ランダムで行くの?」

「そのつもりだが?」

「うーん……」

「それって少し危なくない?」

「なんでだ? このメンバーでも危ないようなのがいるのか?」

「えっとね……」

「バラバラに飛ばされる可能性もあるんだよっ!」

「それぞれが別々の場所に飛ばされるというやつですね……」

「そんなのがあるのか!? たしかにそうなったらやばいかもしれないな……」

「まぁでも……」

「確率は1%以下だけどね?」

「そうなのか。……だったら気にしなくてもいいんじゃないか?」

「それもそうかもね」

「たしかに気にしたら負けだねっ」

「私も気にしなくていと思います……」

「……よしっ、それじゃあランダムに行くぞ! 覚悟はいいな?」

「「おっけーだよっ!」」

「いつでもいけます……」

「それじゃあ行くぞっ!」

 俺は扉を開いて中に入る……と同時に飛ばされる感覚におそわれる。
パーティーなので、俺が入ったことで三人も同じような感覚を味わっているようだ。
まぁ、実際に飛ばされているのだが。
さて、どこにでるのやら…………

・・・
・・


「ここはどこだ?」

 たどり着いた場所は、始まりの塔の休憩スペースに似ていた。

「あれっ? みんなはどこだ!? まさかのバラバラに飛ばされたパターンか!? さっきの会話でフラグが立っていたのか!?」

 まわりに三人の姿はなく、俺ひとりがこの場所に飛ばされたようだ。

「とりあえず、パーティーコールをしてみるか……」

 俺はパーティーコールで三人に呼びかける。

『聞こえるか? みんなは今どこにいる?』

『聞こえます、ラン様。私は今広場にいます。入口の近くのようです……』

『聞こえてるよー、ラン君。私は今ボス部屋らしき扉の前にいるよ』

『私は今階段にいます。みんなとりあえずは無事なようですね……』

『よかった。みんな大丈夫だね。それじゃあ、みんな? 各自上を目指していこう』

『まってまって。私がコールパーティーを使えるから、みんなを呼ぶよっ! 私が一番上みたいだし』

『クーってコールパーティー使えるのか!? ならよろしく頼む……』

『かしこまり~。……いくよ? コールパーティー!』

 次の瞬間世界がまわり、一瞬で立っている場所が変わっていた。

「やっぱり便利だな。俺も覚えようかな?」

「覚えたとしても、レベルが高くないとダンジョンじゃ使えないよ?」

「そうですね。クーが使えるならば、今は覚えなくても大丈夫かと……」

「ちなみに私も覚えています」

「キッカも? ……だったら二人に任せればいいのかな?」

「「おまかせだよ~」」

「さて、ラン様? 早速入りませんか?」

「そうだね。これがボス部屋でしょ? 中のボスはなんだい?」

「日常の塔②のボスは、ジャイアントバットですよ」

「おっきなコウモリだねっ」

「強いのか?」

「私たち全員でかかれば余裕かと……」

「たしかにっ!」

「フルボッコだね!」

「そうか。だったら早く行こうぜ!」

「はい、ラン様……」

「「れっつご~」」

 俺たちは扉を開いて中に入った。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く