話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ランダムビジョンオンライン

inten

公認ハーレム形成

「……ただいま。……ヒカリ、起きてるか?」

 あのあと恥ずかしさに耐えられなくなって、すぐに風呂を出た。
現在時刻は7時くらいで、起きるにはまだ少し早いと思う時間だ。

「…………すぅすぅ」

「寝てるみたいだな。……さてと、どうするか? 少し腹もへったしなぁ……あ、飯の時間と場所を聞くの忘れたぜ……バカみたいだな」

 今からもう一度風呂に行ってもいいのだが、俺が出るといった際にクーとキッカもそろそろ出ると言っていたから、今からだといない可能性の方が高い気がする。
もう一度女湯に行くのもアレだしな…………

「ん? 素直に男湯に入ればいいのか? 時間的余裕はまだまだありそうだし、そうしようか……」

 さっきは深読みして女湯に入ったのだから、今度は素直に男湯ののれんがかかっている方に入ればいいのではないだろうか?

「ヒカリは……まだ寝ているな。んじゃ風呂に入り直しますか。露天にも行ってみたいしなぁ……。決めたっ、行くことにしようっ」

 風呂に行くことを決めた俺は、来た道を風呂へ向けて歩き出した。

・・・
・・


「さて、今度は間違えないようにしないとな……」

 俺は再び風呂の入口に立っていた。
かかっているのれんは、奥が男湯で手前が女湯だ。
今度は深読みなどせずに、素直に奥の男湯に入った。

「ふぅ……気持ちいいなぁ」

 脱衣所で浴衣を脱ぎ、かけ湯をしてから湯船に浸かる。
昨日……というか、さっきも入った隣の風呂とは左右を逆にしたような風呂だった。
大きさも同じぐらいで、足を伸ばしてゆっくりできた。

「隣もそうだったけど、この風呂は何か眠たくなるなぁ……」

 昨日はまだヒカリがいたし、さっきはクーとキッカがいたので大丈夫だったが、なぜかとても眠くなる。
これは、何か魔法でもかかっているのだろうか?

「風呂で寝たら、危ないよなぁ……。けど、頭をのっける場所もあることだし、寝てみるのもアリかもしれないな……」

 風呂の腰掛け……というか外枠にくぼみがある。
おそらく、寝転がった時にそこに頭を乗せるのだろう。

「物は試しだ……どうせゲームなのだから、溺れて死ぬこともないだろう……多分」

 俺は眠気が抑えきれなくなったので、くぼみに頭を乗せて寝転がると、意識を手放した。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「お客様? お客様? 大丈夫ですか?」

「んむぅ? ふわぁぁ……?」

 誰かに呼ばれた気がして、俺は意識を取り戻す。

「大丈夫なようですね……いくら寝転がっても大丈夫な様に出来ているとはいえ、本当に寝てしまうなんて……。珍しいお客様ですね?」

「んん? あぁ……寝てたんだったな。今は何時なんだろう?」

「今は8時ですよ。朝ごはんの時間ですよ?」

「そうなんですか? うーん……」

「お部屋までお食事をお持ちいたしますので、どうぞお戻りになってください」

「わかりました……そうします」

「では掃除の時間ですので、風呂から出てください。おねがいしますね?」

「わかりました」

 俺はなんとか目を覚まし、湯船からあがると浴衣を着て部屋に戻った。

・・・
・・


「お帰りなさいませ、ラン様。先ほど中居さんから朝食の時間だと言われました。ここに運んできてくださるそうです」

「あぁ……おはようヒカリ。俺もさっき風呂で聞いたよ」

「お風呂に行っていたのですね。私も誘ってくださればよかったのに……」

「いやさ、気持ちよさそうに寝てたから。起こすのやめたんだよ」

「そうでしたか……。ちょっと恥ずかしですね……」

「可愛い寝顔だったよ? 役得だと思った」

「そう……ですか」

「そうそう。……話は変わるんだが、今日から「失礼します。お食事をお持ちしました」あぁ、あとにししよう。どうぞ」

「「失礼します……」」

「朝食をお持ちいたしました」

「準備をいたします。失礼いたしますね」

「あっ、さっきはすみませんでした。……ちょうどいいや、ヒカリ? この二人は今日から一緒にパーティーを組むことになったから」

「そうなのですか?」

「あぁ、先ほどのお話ですね……」

「お食事の準備が終わってからでよろしいでしょうか?」

「そうだね。じゃあまずはお願いします」

「「かしこまりました」」

 二人について紹介しようと思ったが、食事の後にすることにした。


・・・
・・


「「ごちそうさまでした」」

「「お粗末さまです……」」

「さて……食事が終わったから、さっきの話をしようか?」

「そうですね、詳しく聞きたいです。(私の予想通りになっているかの確認のためにも)」

「じゃあ紹介するね? この二人はクーとキッカ。さっき間違えて女風呂に入ってしまってね? そこで先に入っていた二人と出会って、どこを気に入られたのかわからないけど、パーティーに入ってくれることになったんだ」

「クーことクナンです。よろしくお願いします……」

「キッカです。よろしくお願いします……」

「二人はシーフ系の魔法使いだから、これから先に必要だと思うんだ。だから、仲良くしてやってくれ」

「どうやらこの宿を選んで正解だったようですね。優秀な存在に嫁いで仲間になるというのは本当でしたか……」

「嫁いでって……どう言う意味?」

「そのままの意味です。キツネの嫁入りですね」

「「その通りです」」

「私たち一族は代々ここで宿屋をし、優秀な存在を見つけては、種を頂いているのです」

「旅についていき、子供ができるとこちらに戻ってきて育てるのです」

「ヒカリはそのことを知ってたの?」

「はい、ラン様。この宿を選んだ理由の一つです」

「そうだったんだ……」

「こんなにはやく仲間になるとは思っていなかったですけどね……?」

「それじゃあ……ヒカリは二人が一緒になるのに異論はないんだね?」

「はい、ラン様。むしろハーレムが出来るのは望むところです。それだけわたしのご主人様が優秀だという証になるのですから……」

「なるほどね……。確かに二人が言ってたようになったね」

「この世界では常識ですよ? って、ラン様は異世界人でしたね……」

「「異世界人!? そうだったのですか……」」

「そうなんだよ。…………んじゃ、話がまとまったところで出かけようか?」

「そうですね……そうしましょうか」

「「かしこまりました……」」

「そうと決まれば着替えようか? 二人も準備してきてくれ……」

「「わかりました」」

「ヒカリは今日はどうする? 服と格好は昨日と同じがいいと思うんだが……」

「わかりました。そうしようと思います……」

「それじゃあ、準備ができたら玄関に集合でよろしく」

「「わかりました」」

「それじゃ、解散」

「「失礼します……」」

 俺がそう言うと、二人は部屋を出ていった。
さて、俺たちも装備を整えなくちゃな…………

「さて、準備しちゃおうか?」

「はい、ラン様……」

 俺たちは準備を開始した。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く